あの、夏の日-とんでろ じいちゃん-デラックス版 [DVD]

あの、夏の日-とんでろ じいちゃん-デラックス版 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
出演者
小林桂樹
山中恒
大林宣彦
厚木拓郎
勝野雅奈恵
上映時間
123分
amazon.co.jp で詳細を見る

あの、夏の日-とんでろ じいちゃん-デラックス版の感想・レビュー・登録(31)

最新の20件表示中[もっと見る]
PSゲームの『ぼくのなつやすみ』的な情緒かと構えていたら、ぼくなつはぼくなつでも8/32よりの作品で、カオス。それとエロスな。おっぱいが気になって仕方なくさせられたり。でも日本映画らしい湿気ある映像から小学生のイデアな夏休みを示してもらったことは否めない。しかしこれ、ボケタはもう尾道に行く血縁的動機が消滅してね?
SH
03/12
大林版「菊次郎の夏」。詩的で懐かしい邦画っぽかった。やっぱり夏の思い出はエロスが似合う。菊次郎の麿赤児のインパクトはないけど。
5点。大林宣彦の「新尾道三部作」第三弾、その前の2作や元祖三部作と比べるといま一つピンと来なかった... ぼけてると言われていたお爺ちゃんが幼少時に残してきた思い出の穴を埋める話と、お爺ちゃんと主人公の少年の触れ合いの話が交差して進むが、何かひとつも解決しないままに終わってしまった消化不良感が残る。これが映画デビューとなった宮崎あおいのヌードなどあまり必然と感じられない部分にお色気なシーンが結構多かった気がするが(笑)。恋愛要素の入り方含め、こんな夏を過ごせればという監督の男子としての妄想全開という感じ。
99年作品。学校ではボケタと呼ばれている大井由太は、本当にボケてしまったという祖父を見張るため、夏休み中は尾道へと行くことに…。素朴な田舎映画かと思っていたが、これが思った以上に混沌を極めていて、おかげでまるで飽きなかった。エロティックな描写も多いし。勝野雅奈恵という人らしいが、セクシーだったなー。宮崎あおいのヌードが話題になりがちな映画だけど、独特の哀愁はなかなかたまらないものがあった。けっこう好き。
05/23
01/23
いつもの大林ワールド、新尾道三部作(って自分たちで言うあたりがなんだかなあ)の完結編だそうだ。宮崎あおいがほとんど子役の括りで出ているが、やはり目に付く子というのが唯一の見所かな。
09/23
11/15
12/13
最新の20件表示中[もっと見る]

あの、夏の日-とんでろ じいちゃん-デラックス版を観たいと思ったみんな最新10件(7)

11/13:frip
05/14:みそ
02/13:るりこ
10/19:ペンギン

あの、夏の日-とんでろ じいちゃん-デラックス版を観た人はこんな映画も観ています


あの、夏の日-とんでろ じいちゃん-デラックス版の評価:52% レビュー数:8
ログイン 新規登録