日本沈没 [DVD]

日本沈没 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
森谷司郎
出演者
小林桂樹
藤岡弘
丹波哲郎
二谷英明
いしだあゆみ
上映時間
140分
amazon.co.jp で詳細を見る

日本沈没の感想・レビュー・登録(212)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
先日見たリメイク版とは違い原作小説を忠実になぞった感じで好感を持てる。特に田所博士役の小林桂樹が無骨で普段のイメージとは違う凄みがある。二谷英明演じる政府官僚の活躍が意外と目立つ。いしだあゆみと藤岡弘のからみは(原作と同じく)やや唐突。ミニチュアを使った特撮は最近のCGとはリアリティの点では敵わないが独特の迫力がある。
会話に出てきたので鑑賞。公開当時は衝撃的だったんだろーね。まずまず。
原作者の小松左京は、この日本という国が消滅し、それまでずっと(基本的に)単一民族として生きながらえてきた日本人が世界に離散することを描きたかったらしいが、映画ではその側面よりも、高度経済成長の終焉とノストラダムスの大予言的な終末論をうまく取り入れていたように思う。筋とは直接の関係のない日本各地の撮影は、当時B班のカメラマンであった木村大作が勝手に行っていたものらしい。東大の竹内均先生の説明が朴訥としていてリアルな怖さを醸し出していた。
小林桂樹、藤岡弘、丹波哲郎、この3人によって、被害は最小限に食い止められたのであった。この絶望感と、未来へ進むための力強さを描いた作品は稀有のだと思う。
@日本映画専門チャンネル
日本映画専門チャンネルにて鑑賞/ これ最初の1時間ほど淡々と理屈を語り疲れる、 少しずつ火災やらで暴動が起きて群集心理がよく描かれてはいて、 政治の場面も多く、 タイトルからは想像できないほど大真面目なメッセージ性の強い映画なのでは。 少なくとも、子供向けではない。 ちょい大人向けな感じ? 長い割に面白い場面があるわけでもないし子供が見てもつまらないと思う。 終わり方は・・・・・・日本沈没までって事で あれで良いのかな。 しばらくしてから再度見ると発見があると思うが、 一度見たらグっ
【日本沈没】1973年の森谷司郎監督作品。これはたまげた…ただのパニック映画ではないね。日本人のアイデンティティを真に問いかけてる。かなり思い切った描写もあるし、真に迫った迫力ある特撮も見ていてゾッとする。壮大なスケール感も申し分ない。日本人脱出計画の3案の中の一つ「何もせんほうがええ」が物凄く印象的。重厚なドラマを支える俳優たちの熱演も素晴らしい。田所博士の「わしは日本が好きだった。そしてこれからも、わしは日本人を信じたい」の言葉に感動。祖国を失った日本人は未来的にも日本人たりえるのか?
何十年ぶりの再鑑賞。1973年公開当時の記憶は鮮明だ。小学生の俺は友人と友人の母親に連れられて映画館へ。おりからのオカルトや大予言ブームで映画館は超満員ムンムンの熱気の中、俺は通路に体育座りしてスクリーンに釘付け。70年代以降オカルトブームは絵空事とされ日本は浮かれ飽食し、しかし気付いたら現在の方が本作品のリアリティが増しているなんて!改めて首相役丹波哲郎が素晴らしい。‘第3の選択 何もしない だ’のシーンは万感胸に迫る。CG無しの極上の特撮も、切なく哀しい。
ソサエティーフィクションだから、それなりのポジションの人が集まって、社会について話し合うシーンがとても多い。ここで起きる災害は防ぎようがないという前提で話は進むので、災害に直接立ち向かうキャラクターは常に敗北を喫することになる。そういう前提でシナリオとキャラクターを設定してないので、なんだか話が物足りなくなる。そういうジレンマがこの作品にはあると思う。それでもケレンミしかのこらないリメイク版より、こっちのほうが俺は好きだな。
40年以上前の作品なのにこんなに面白い。さすがは小松左京。
改めて今観ると本当に強烈な映画。2006年版も嫌いではないけど、これと比べるとヌルい。人間の力程度では地球には抗えない。2006年版の最大の不満は一人の自己犠牲によって救われてしまう所だと再確認。終始、絶望感に打ちのめされる映画なんだけど、最後の藤岡弘の表情が最高。あの顔、眼だけで諦めない覚悟が描けてて、前向きな印象を残して終わるのが素晴らしい。やっぱり傑作。
映画館にて。草薙君主演のとは別物でした。 丹波哲郎が凄く良かった。
してからでなくするまでの話 字幕つけないと聞き取れない/1
こんな状況でエッチをしようとすんな!
映画館 ★★★★ 四国が知らない間にあっさり沈んでいて、ちょっと切なかった。
コメンタリー視聴。昭和の裏話はとんでも話が多いので面白い。
///
特撮ならではの迫力と丹波哲郎の存在感に目が釘付けになった
草薙くんのリメイクでは、確か日本は沈み切らなかった気がしますが、この映画ではしっかり沈みます。ひさしぶりに特撮。CGも良いですが、特撮ならではの味があったなぁ…。
和製災害パニックの金字塔。和製と言うところがミソで、日本の災害に対する意識や経験の投影された描写はリアルでエグい。これはきっと邦画にしか出来ないと思う。 多数の犠牲者の出る地震を契機に、前半と後半でしっかりと分かれているのも特徴的だと思う。 災害への科学的アプローチの前半は大きな見所ではあるけどメインは後半通して伝わってくる日本人は民族として生存出来るのかと言う事。最終的には日本の沈没自体はもはや不可避でそこからどう生き残って行くのかという話になります。絶望的な日本の沈没から繋がるラストシーンは印象的
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

日本沈没を観たいと思ったみんな最新10件(23)

08/31:ゆみぢ
08/12:鳥越
07/06:tktk_tent
06/01:m_masa
04/03:†JANUS†
03/25:ちろりん
09/01:saketoba
03/28:残念無念

日本沈没を観た人はこんな映画も観ています


日本沈没の評価:41% レビュー数:43
ログイン 新規登録