美しき諍い女 無修正版 [DVD]

美しき諍い女 無修正版の感想・レビュー・登録(96)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
40点 昔から衝撃作とか問題作とか芸術作品と呼ばれていたがようやく鑑賞。最高画質版にて。確かに凄い。エマニュエル・ベアールの美しい裸体とかプロバンスの街並みや室内全ての空間の表現。画家とモデルとの緊張感(狂気)や画家と妻との諍いそのものとか。芸術における狂気と言えば最近では「セッション」の指揮者とドラマーとのやりとりが分かり易いが、この作品のデッサンシーンは長過ぎる。この作品の台詞の難しさと尺長には参った。理解し難い気になる点も多いが再鑑賞したいとは思えない。
山田孝之のカンヌ映画祭のOP曲の歌詞にあって、気になって観た。と思ったら前に観てた。改めて観て、芸術というのは、着想と技術の両面があって完成するのかなと思った。全編に渡ってエマニュエル・べアールが一糸纏わぬ姿で出演してるが、思いの外ストイックな映画。関わった人たちの人生が変わってしまうほどの絵画なんてあるんだろうか。
トラックショットとオフスクリーンの兼ね合いで人間がおかれている会話の磁場を切り分ける腕は確か。いざ絵画制作というところからはちょっと疲れる。エマニュエル・ベアールの不自然な静止状態にかかる身体の負荷、あるいは紙にペンを走らせる音に映画を預けようとしているのは想像に難くない。ただ、長い時間をかけた1ショットの多さには描画行為の"ほんとうらしさ"の強化が意図されたのかはともかくとして、若干息苦しさがあるような。
この世で一番美しいのは女性の裸体である、と古代ギリシャ人は言った(と思う、確か。言ったんじゃないかな?言わなかったかも?)。私も常々そう思っていたのだが、この映画を見てそれを確信することとなった。▼とにかく、マリアンヌのヌードが美しい。美しすぎる。神々しいくらいだ。4時間と超長尺ながら、ちっとも退屈しなかったのは、彼女のヌードとそれをスケッチする様子を長回して見ることができたからだ。▼だが、画家フレンホーフェルはそれだけでは収まらない。マリアンヌの内面すらも描き出してしまった。美しさの内面は諍い女だった。
al
フランスの小説家オノレ・ド・バルザックの短編小説「知られざる傑作」原作。高名だが世捨て人の画家フレンホーフェルは、元々モデルだった妻とプロヴァンスの片田舎にある古城で静かに暮らしている。一人の若い画家が恋人マリアンヌを連れて彼の許を訪れると、フレンホーフェルはマリアンヌをモデルにする事で自分が長い間打ち捨てていた作品『美しき諍い女』の製作を再開する気になる。4時間。実際描くシーンが長時間あるのは貴重。芸術を神格化する気はないが、画家とモデル、その周りの人間には絵がただの絵にはならない。行き過ぎた真剣は狂気
エマニュエル・ベアールのエロい身体が存分に。絵を描く音が響く緊張感。
芸術が爆発しちゃった訳だが、最後は数字で締められると云う。じわじわと上書きされるシーンはゾクっと来た。この監督の作品の中では一番好きかもしれない。良作。
1992年キネマ旬報外国映画1位。 マリアンヌの裸体が見事で、 画面を圧倒している。 一人の画家が一人のモデルに 出会い、再生を図る物語だが、 裸体を描くシーンが延々と続く。 マリアンヌを演じるエマニュエル・ベアールの 目元もエキゾティックで、彼女の姿で 成り立っている映画のような気がする。
登場人物がだいたい七人だけで四時間映しているから、空虚感と緊張が全編に満ち満ちている。芸術の力を信じさせるだけの力のある傑作だろう。エマニュエル・ベアールの演技がぞっとするほどよく、特に、嘲笑ったり拒絶したりするときの表情は素晴らしい。喋りすぎない脚本もだいたいにおいてよかった。絵を描くシーンは、描かれているの絵はそんなに素晴らしいとは思わないが、淡々と映すのが利いていて張りつめた感じのいいシーンになっていた。
完成した絵を見れなくてほっとした。あくまで映画作品の中で、渾身で描かれている(という設定の)絵が、名画としてこちら側に見せられたら微妙な気持ちになるだろう。
GyaO!で鑑賞。
音楽や映像など雰囲気がいいがあまりドラマチックな展開もなく持久戦。マリアンヌの裸体が意外とどっしり系。
4時間どっぷり美術館に浸る感覚。映画の大部分を占めるデッサンのシーンは緊迫感があって見入ってしまった。ミシェル・ピコリとエマニュエル・べアールがまるでピカソとB.B.のようだった。そしてジェーン・バーキン演じる楚々としつつ芯の強いリズの存在感が大きい。妻としていろんな感情が渦巻いてしまうの、分かる気がするなぁ。芸術家の苦悩を疑似体験した感じもする。この映画自体がアートかも。
愛のむきだしより2分も長いのか・・・
4時間?ありえない…と思っていたけど、絵の完成を楽しみに意外とすんなり観れた。しかし完成した絵を塗りこむなんて…視聴者に観せないなんてズルい。4時間の大作も終わりはあっさり。フランス映画らしい。嫌いじゃない。
★4.5 トムくん映画でベアールさん(ビノシュさんよりはこっち派)見掛けて長いけど(4時間)凝視した。 ジェーン・バーキンもいい! お互い表現者ゆえの葛藤と激しいバトルは凄いよ♪
画家とモデルの関係は闘っているようでもあり、擬似恋愛、擬似セックスを感じさせるものでもあり。/超長尺で延々とデッサン描写が続くがだれることなく見られる不思議。
10年前に「美しき諍い女」という大作に着手したものの未完のまま、自画像だけ描いてひっそり暮らしていた老画家。ある日若い画家とその恋人に出逢い、画家の才能と若い女の美貌に刺激を受け、未完の大作を完成させようと決意します。しかし、このエマニュエル・べアールって女優、ホントにルノアールの絵から抜け出たみたいにみっしりと乳房も尻もでかい。私はジェーン・バーキンの方が好み。しかしこのラスト、せっかく完成した絵を壁に塗り込めた!この絵を観たのは画家以外にはモデルの女と妻、あと使用人の若い娘マガリだけ。私も見たかった。
絵を描く手元や人物の顔のクローズ・アップを多く使うことで、言葉以上の何かを物語っている。長い作品だが、それには訳がある。いい作品だが観るには時間と体力が必要。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

美しき諍い女 無修正版を観たいと思ったみんな最新10件(31)

05/13:cyacyai
10/12:KS
07/24:ゆみぢ
04/11:曜子
01/19:
12/14:いゆとみ
09/13:のののの
06/06:ぼぼこふ
04/01:tokiorhythm

美しき諍い女 無修正版を観た人はこんな映画も観ています

アメリ [DVD]
アメリ [DVD]

4870登録
風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5695登録

美しき諍い女 無修正版の評価:60% レビュー数:29
ログイン 新規登録