北の国から 2002 遺言 [DVD]

北の国から 2002 遺言 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
出演者
田中邦衛
吉岡秀隆
中嶋朋子
竹下景子
地井武男
上映時間
280分
amazon.co.jp で詳細を見る

北の国から遺言 2002の感想・レビュー・登録(48)

最新の20件表示中[もっと見る]
日本映画専門チャンネルにて
★★★★★本当にこれがラストの『北の国から』作品としての評価は高くない様だが、21年間の愛と感謝を込め★5つ。唐十郎の演技に圧倒された、五郎の魅力を表情だけで語ってくれたのが嬉しい。五郎は病院の検査で笑わせ、遺言と快との別れで泣かせ、最後まで愛すべき男だった。頼りない純が「もうコソコソしたくないんだ」と立ち向かい、蛍は強き母となった。幼い頃からの2人の成長を時の流れと共に作品の中に見て来た、感慨深い。トドが流氷を歩くシーンは圧巻。北海道の大自然の厳しさと魅力を伝えてくれた作品。長い間ありがとうと言いたい。
日本を代表する名大河ドラマの終演がこの作品はないなぁ〜シュウと結ばれて欲しかったのに…ラストひょいと登場し純と添い遂げるユイを認めたくないからだと再確認してしまいました…(そりゃそうだ…)ユイに今までのヒロイン達のように感情移入する時間が足りないから。だから今作品でこの壮大な大河ドラマを終わって欲しくないのです…(ノ-_-)ノ~┻━┻どうなんでしょうか…本当に続編はないのかなぁ〜
時代に棹差すことを意図した作品と言えそうだが、こんな未来像を感じさせない(ただし、だからこそ、連続ドラマ分よりも遥かにリアリティはある)ものが時代に棹差したと言えるのか。◇また、21世紀にもなって、1500万円の負債が生じているにもかかわらず、しかも、その責任は本人にはないにもかかわらず、破産手続に移行しない非現実にも口をあんぐり。リアリティが全てではないが、抱えている苦労の源泉に根本的な誤りがあるのならば、夢物語でしかなくなる。それが時代に棹差す物語の能天気ぶり、地に足が着いていない印象を亢進するのだ。
こんな名作、先にも後にもないでしょうね(T_T)
しゅうちゃんと結ばれて欲しかったな。五郎さん、孫にメロメロ。チイチイ、泣ける。
03/14
後編。〆。ラストの回想。泣。五郎さんは素敵です。
前編。なんか普通のテレビドラマって感じに。つらい現実・・・。病院での五郎さん可愛い。そして2人、本当に結婚したんだよねー。あと1巻で終わると思うとさみしい。
内田有紀が可愛い。
09/23
北の国から全編通して言えることですが、100%幸せな人・事ってないんですね。まあ、それが人生ってもんなんですかね、倉本先生…。
☆2つ。北海道・富良野を舞台として展開してきた家族物語の最終話。ーーー五郎が遺言を書く練習をしているとき、孫の成長が見れないことに想いを馳せて一人で号泣するシーン、すごく胸がいっぱいになった。ただ、詳細を描き切れていないが故に、無理矢理感のある内容も多くて残念。
富良野に行ってみたい。
幕引きにしてはがっかりな内容。結の家族はとってつけたような感じがして違和感。
最新の20件表示中[もっと見る]

北の国から遺言 2002を観た人はこんな映画も観ています


北の国から遺言 2002の評価:75% レビュー数:18
ログイン 新規登録