うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー [DVD]

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
押井守
出演者
平野文
古川登志夫
神谷明
島津冴子
杉山佳寿子
上映時間
98分
amazon.co.jp で詳細を見る

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマーの感想・レビュー・登録(765)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
久々に見た。たぶん数十年ぶりである。名作。確かに名作である。が押井守の名作であって、うる星やつらではないんだなあ。うる星やつららしさがまったくない。しかし名作であることは確か。うる星やつらを使わなくちゃここまでにはならなかったし、うる星やつらのままではここまでにはならなかったであろうから難しいところだよなあ。まあそういうのはアリだと思うけどね。 アニメ化実写化とはそういうものですから。しかしよくもまああの夢邪鬼の回をここまで膨らませたものだわ。さすが押井守。らしさ全開であるな。
これって結局最後のシーンも夢なの? 校舎2階建てだし
衣食住を保証されたサバイバル生活。学生の頃、これとまったく同じ妄想をしていたので押井守に親近感がわいた。相変わらず主人公無視で大人がかっこよく暗躍してる。そりゃあ原作者に怒られるよね。
うる星やつらを使って楽しいときだけが続くバブル前夜の狂騒を胡蝶の夢で描く。なので原作者が言うあれは押井さんの作品のように、押井守が好き勝手に作ったまさに原作無視の作品。だから知らない世代の方が評価が高くなるかも。いやでも、今じゃ使い古された手法だから原典的な見方をしないと面白くないかもしれない。漫画で言う手塚治虫みたいなもん。これだけ日常もののメタがやり尽くされちゃうとね。夢落ちだと納得しないんじゃない?でも普遍的な面白さはあるし演出や細かい仕草なんかも何度か見て新しい発見がある。おすすめ。
85点 かなり久々の再鑑賞。押井守監督の2作目で(特に押井ファンでもなかったが)学生時代に何度も観た高橋作品。とは言っても「うる星やつら」はこれしかよく知らない。高橋留美子作品は他にTVスペシャルの「ファイアー・トリッパー」が好きだった。短編マンガのるーみっくワールドや人魚シリーズあたりには今でもアニメにして貰いたいほどの名作が詰まっていたような気がする。リプレイものはその後も沢山の作品が誕生しているが、今でも引けをとらない傑作の一つだと思う。ギャグマンガの軽いラブコメだと侮るなかれ。あー懐かしかった。
 ループもの作品の名作と評判だったので鑑賞。崩壊した世界の中、水辺で遊ぶ主人公たち。文化祭の前日、準備の為に、みなで学校に残り作業を続ける。祭りの前の活気。だが、何かがおかしい。昨日みた光景。1人が気付く。繰り返していることに。永遠に繰り返す同じ時を、望んだのは誰なのか。
模擬店名が「第三帝国」というのが良い。
原作に特に思い入れはないのですが、それでも、 押井守が好き勝手やってるなぁ~ これ“うる星”でやる必要あるのかなぁ~ と終始感じました。 そうはいっても、オリジナル作品として成立するほど、 新規性や深みがある設定とも思えず、 致し方ないと言えなくもないのですが。 円形に切り取られた街が亀の背中に乗って移動しているシーンは 絵的に面白かったですけど。
最初に見たのは、息子が中学生の頃だった。お付き合いで観たのだが、わたしのほうがすっかりハマってしまった。夢邪鬼にあんさんの夢はと聞かれ、ラムが答えるシーンがスキだ。何とも甘っちょろいのではあるが、日常性の中のどうでもいいような時間を楽しむことができる姿がうつくしい。文化祭の前のワサワサとしたワクワク感、こんなすてきな時間が永遠に続いて欲しいという感覚。クソ忌々しい現実を鬱陶しく思いながらそんなことを考えていた。文化祭前のワクワク感は、山下敦弘『リンダ リンダ リンダ』に受け継がれていると思っている。
高橋先生は評価しておられないようだが、わたくしは面白かった。繰り返されう日常の怖さというか。
うる星やつらなのに押井守。不思議な組み合わせで面白かった。
84年。ウワー大変な映画を見てしまった。押井守が投下した、日常系サザエさん時空アニメへの爆弾。今こそよくネタにされているコレ系の原点だろうけどほぼ極みまで突き詰めている。長台詞やむつかし話もありつつもドタバタ玩具箱度はキープされているので作品を破壊しつくす所までは行ってないのだけど、まぁこの冷や水ぶっかけ物語! 「お前ら成長しなくていいのか!」っていう! けどこの世界観って確かに病的だけどすごく蠱惑的じゃないですかね? イメージと演出が暴発しつつ研ぎ澄まされていない故にナマの勢いがすさまじい創作の終局点。
いいなあこういうの理想って言ったらヤバイ女にされるだろうけど、好きな人と好きなだけ永遠に一緒にいられたら最高だなあ
何だかシリアスだなぁ。何時もの感じじゃない。しかもあたるやラムちゃんの出番少なくないか?さくら先生が主役じゃない?てかさくら先生の声が苦手な事にようやく気付きました。でもバイクを運転する姿は素敵です。押尾カラーだ。完結編が一番面白かったです。
WOWOWで鑑賞。押井守の出世作だが、荘子の胡蝶の夢を練りに練ってうる星やつらに当てはめた感じだが、練りすぎて結局夢落ちになってしまった感がしないではない。押井守作品には、こう言ったやってもた作品が多々ある。それに古いアニメのため昨今のアニメに比べると技術的には随分稚拙に感じてしまう。
アニメのならではの特権をふんだんに使っていて、とても面白かった。アニメSF・パラドックス・時間円環・逆行・伏線・愛情・決意・寛容・ノスタルジー…私はこのようなアニメをもっと観たいです。 温泉が主砲にぶら下がって落ちないようにしがみついている時にやっと物語の主線軸に登場したラムちゃんがとてもかわいくて惚れ惚れしてしまった。ふわりと降りるスカートを追って下がり戻る綺麗な髪が「無邪気」なラムちゃんの愛らしさを新たに気付かせ、また再認識させてくれた。ラムちゃんかわいい。ラムちゃんかわいい!
WOWOWでようやく観た。劇場公開時賛否両論があったようだけど、俺はけっこう楽しめた。押井守節炸裂!しかし、色々な小ネタを挟みすぎ・・・・・・問題無かったんかいな?
90点! 小さい頃大好きだったアニメ。今見ても強烈な部分がすごいある。永遠の前夜祭と言う素晴らしい高揚感に包まれた前半と、あの後半の切り替えが半端なくて痺れる。私はこれがきっかけでうる星やつらを知ったので何の疑問もなかったのだけれど、確かにキャラが原作と違うのだとすると、この映画自体受け入れられない人もいるだろうなと思います。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマーを観たいと思ったみんな最新10件(90)

04/30:黒川
09/12:ナカヲ
07/02:Znvn3j
05/18:yummy
05/07:エリミン
01/26:takiguchiryo

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマーを観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5656登録

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマーの評価:45% レビュー数:173
ログイン 新規登録