ゴールデンボーイ [DVD]

ゴールデンボーイ [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
ブライアン・シンガー
出演者
ブラッド・レンフロ
イアン・マッケラン
上映時間
111分
amazon.co.jp で詳細を見る

ゴールデンボーイの感想・レビュー・登録(178)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
老いた戦犯が少年に触発されて、次第に冷静でありながら狂気に陥っていく描写が良い。一人の怪物を育て、自らを処する見事な引き際。。
ナチの戦犯である老人とそれに気づいた高校生の奇妙な交流、丁々発止のやりとりで互いに主導権を握ろうとするさまが異様です。過去の記憶が覚醒して、野良猫をオーブンで焼こうとする老ナチの狂気に震える。ブックオフ、500円。◎
互いに心に闇を持った少年と老人のどろどろしい心理攻防に息を呑む。スピード感に頼らないじっとりとした展開も秀逸である。陰影際立つ映像美も良く気持ちを途切らさない。生まれたばかりの心の闇を表現したブラッド・レンフロも良かったが、奥深い年輪さえ感じさせる心の闇を持つ老人を演じたイアン・マッケランの鬼気迫る存在感といったら凄まじいものだ。ラストに盛り下がってしまうのは残念だが、作品としては高いクオリティを見せる
はじめは興味? でもその興味は恐れをもたないもので徐々に二人の心の闇を大きくしていくものだった。どちらも知恵をしぼって相手と対等でいようとするうちに引き返せないところまでいっちゃった感じだ。でも一番怖かったのはユダヤ人のおじいちゃんの記憶がもどる瞬間とその後の恐怖だ
人の心の破壊は意外に単純な出来事で始まるのかもしれない・・。少年の興味は元ナチ将校を見つけ、その罪を言及することではなく、もっと単純な子供特有の好奇心からだったと思うと、この作品の怖さが増してくる。
未読なら、絶対原作を読んでほしい作品。アメリカという国のシステム的に完全アウトなので、映画版は描写を抑えざるを得なかった。って、僕のキング関連作品の感想は原作への言及がちょっと多すぎる。ナチスの残党であるドゥサンダーが近場に住んでいることを突き止めた優等生の主人公。ドゥサンダーを脅迫し秘密を吐かせたりナチスの軍服を着せたり(このシーンは、イアン・マッケランの熱演が怖い)しているうちに徐々に精神が蝕まれ成績も落ち、気が付けば主導権を老獪なドゥサンダーに握られてしまう。二人の心境の変化が怖い。
どうも原作と映画はその当時起きた事件のせいでオチが違うらしい。そういうのってとっても残念ネー
想えばこの作品。高校生の時に原書で読んだんだよなあ。スティーブンキング作品、80年代は版権の関係でなかなか和訳されなくって痺れを切らしたんだよなあ~!まあ、僕の英語力ではさっぱり分からず怖くなかったんだよねえ。この頃のキング作品は作り込みがしっかりしてるんだよねえ~!80年代の映画の割りには映像が綺麗。リマスター?観てよかったよ!ブラッド・レンフロも若くして死んだのか。リバーフェニックスといい、恐怖の四季の恐怖。5点満点で4点。
はじめの方は胸くそ悪い感じだが徐々に面白くなる。だが尻切れトンボ気味。
少年の好奇心が狂気へ変貌する過程が面白い。 今は亡き、ブラッド・レンフロ、、、 素晴らしい俳優でした。
今まで見た映画の中ではダントツに怖い作品だった。あの子がどんな大人になるのか気になる・・・。
原作も読みたい
これは凄まじい映画でした。デンカーはきっとこの少年に会うまでは過去を忘れたいもの忌まわしいとのとして考えてたと思います。それがトッドと出会い、昔話をし、軍服を着たことで昔の狂気が蘇っていく。その心の変化が秀逸に描かれています。内なる怪物はけして消えることはない。今後の少年に幸あれ。
ナチスは20世紀の大きな傷、だからこそ二人の在り方はナチスを巡り繋がった。さらに少年を閉じ込めた時のじいさんが人を殺すようにけしかけたり、入院中に隣のじいさんにばれる辺りなどは因果を感じさせられる。しかし、犯した罪は消えず、業も消えない。けれど、生きていかなければいけない。そんなふうに感じた。
元ナチ戦犯:デンカーと、頭脳明晰、成績優秀だが、どこか心に闇を抱えている少年:トッドが出会い、少年の己の中に棲む悪が目覚めていく物語。思春期は感情的に不安定な時期でありながら、刺激を求めてしまう探究心と同時にそれに対する恐怖心を持っている。その両方の中で揺れる心の葛藤を描きだすのがスティーブン・キング作品の特徴だと思う。そして、それを手掛けたのは『ユージュアル・サスペクツ』で大ヒットを記録した監督、ブライアン・シンガー。映画の中では語りきれなかった心理があると感じ、原作も読んでみたくなる作品。
原作未読。ナチスの狂気に引き込まれてしまう少年とその少年と関わることで元収容所所長としての性が甦ってくる老人の話。最初と後半で2人の力関係が変わっていくのが良かったです。一度狂気に魅入られるともう離れることは難しいんですかねー。業というか。老人が亡くなってもその内に潜むモノは素養のあった主人公に受け継がれていく。老人の最後を考えると狂気に魅せられた人間の末路は悲惨だということとゴールデンボーイっていうタイトルが秀逸ですよね。面白かったです。
評価:★★★☆☆ やはり原作と比べるかどうかで大きく価値が変わる。描写が物足りないうえに不安定で原作と比べると不満点はあるが、別物として作る映像化としては悪いとは言えない出来。単品としてみると面白いが妥当か。
凄く良い。元ナチスとそれに魅了されてしまう少年の話なんですが話を追うごとに変化してゆく老人と少年の変化の具合が良く表れている。結果少年は引き戻れない道に進んでしまうのですが待っているのはやはり老人の様な因果応報ともいえる死にざまなんでしょうかね。
戦争物は幾つか観てきましたが、これも衝撃の作品でした。男の子と老人のやり取りが絶妙で、思い出したくもない戦争の一頁が次々に紐解かれていく瞬間には、戦争の生々しい映像を思い出してしまいました。さらに、その老人と関わったことによって、男の子の人生も大きく変わって行ってしまい、最後のラストは衝撃でした。老人が亡くなる瞬間が、毒ガスで死んで行ったナチスの人々の死に方そっくりで目を覆いたくなりました。ステーブンキングさんの小説だとしらなかったので、原作も読んでみたいです。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ゴールデンボーイを観たいと思ったみんな最新10件(55)

12/02:tktk_tent
11/19:長根
01/03:寝落ち
05/01:せん
02/16:aki6666
01/25:Tazura
11/25:す@#
05/20:ほしこ

ゴールデンボーイを観た人はこんな映画も観ています

メメント [DVD]
メメント [DVD]

3097登録
ミスト [DVD]
ミスト [DVD]

3416登録

ゴールデンボーイの評価:48% レビュー数:43
ログイン 新規登録