グラディエーター [DVD]

グラディエーターの感想・レビュー・登録(1138)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
見応えあり。史実とはだいぶ違うみたいだけど、家族を想う主人公に胸が熱くなる。
とても激しい戦闘シーンで、すごくはらはらしました。
 久しぶりの鑑賞。 王道!だねえ~ストーリー、美術セットから脚本まで、すべて及第点な作りで安心して観られる。ローマ兵の姿もかっこいい。 共和政に戻す!と言う発言は、王政に対するアレルギーが民衆というか元老院に強く残っているのでみんなに喜ばれるのかも。でもね。 劇場でわいわい言いながら見る映画。
中盤の対騎馬戦がとても素晴らしかった。しかし長いわりには大味な印象を受けてしまった。ラッセル・クロウよりホアキン・フェニックスの演技が見所か。
久しぶりに鑑賞。以前見たときは高校生くらいで最期にマキシマスが家族のもとにたどりついたこと、映画の冒頭ですでに死の予感を匂わせていたことに、深く感動して悲しかった記憶。今回は少し感動したところが変わっていた。プロキシモの言った台詞。「この世の人間は影と塵。 影と塵にすぎぬ」虚しい台詞だが、それでも人間は強く生きて強く死ぬのだと思った。。そして最期の、ジュバの台詞も印象的。いつか会おう。だけどそれは今じゃない・・今じゃないんだ。彼は家族に再会するために旅立つのでしょう。映像内の「赤」の使い方も印象的
初見の折り、割と真剣に見てしまっただけにあの展開に愕然とした。そのトラウマが酷く、今回勇を鼓してリトライ。なあんだ、ホアキンメインで見た所為だったのですね。無邪気な昔風RPGとしたら普通のストーリー。映像はよいから、充分及第点。ただ、ホアキンはミスキャスト。親に愛されない歪な権力者を、リアルに憎々しく、魅力的に演じた。二次元世界に三次元の人間が紛れ込んでいる。彼よりに見て「今度こそ勝たないかなあ」と妄想してしまう。(160715)
ローマ皇帝マルクス・アウレリウスが帝政を否定する共和主義者!?という設定は、大河ドラマに出てくる戦国武将が反戦主義者なのと同じくらいぶっ飛んだ設定である。「人間を使った闘牛」と言ってもいい剣闘競技が、人間は「同じ人間」というカテゴリに属さないものに対してこれほど残忍な振る舞いができるのだということを良く描いている。剣闘士のラッセル・クロウに感情移入して観られる人間は、闘牛場でなぶり殺しにされる牛に感情移入できる能力を獲得している。
2回目。ほんっとなんかたぎってくる映画。白熱してしまう。 何回かかかる戦闘の音楽がめちゃくちゃかっこいい。ルシアス可愛いすぎ。
 戦闘シーンのアクションでグイグイ引っ張ってくれます。  良くも悪くもストーリーは史実に即していませんが、それとは関係なしに展開にちょっと無理があるかなというところがチラホラ。特に最後の剣闘とかは…もっとも、あれはあれでコモドゥス帝らいしいと言えばらしいのですが。  蛇足ながら、帝政から共和制へ戻す…という辺り、実にハリウッド(米国)的価値観だなと少し笑ってしまいました。
中盤のチャリオットの戦闘シーン、迫力ありすぎでしょ。あれだけでも観る価値ある。
古代ローマを舞台にした作品だが、史実とはかなり違うそう。将軍マキシマムは皇帝アウレリウスの息子コモドゥスに妻子を殺され、奴隷として売り飛ばされ、剣闘士(グラディエイタ―)になりコモドゥスに復讐を誓う。
何回見てもドキドキ、ハラハラする。ラッセル・クロウは当然かっこいいんだけど、ホアキン・フェニックスの狂気の皇帝の不気味さが堪らなく怖い。面白い映画に最高の悪役あり。
リドリーラッセル古代は最強だね 8点
今度行く予定のマルタがロケ地に使われたということで見たのですが、正直度こら変で使われたのかさっぱりでした、映画は本当すばらしかったんですけど。あれマルクス帝ってこんな死に方だったっけ?と思って調べてみたらやっぱり史実とは大分違うようです。が、それでもいいのです映画はフィクション!!歴史映画ブームを生み出したといわれるだけある引きこまれる映画でした。
ken
5、映像、音楽ともに「ホンモノ」と感じた。圧倒するものがある。「民衆を見方につけた者が生きてゆける」というのが印象に残った。また、国に尽くしたというよりは、王に尽くした美しさがあった。王が国を愛していたから、私もそれに尽くす。戦争映画の見方ともつながるが、偉大なる人の努力の上に今があると忘れてはならない。
今まで見なかったことを悔やむべき。音楽、映像も共に素晴らしく、作り込まれたセットやラッセル・クロウの演技力が誰もが引き込まれる戦闘シーンを生み出していて長さを感じさせない。是非劇場で見てみたかった作品。
めちゃくちゃ凄かった。終わり方まですばらしい。 エクソダスのつながりでみたけど、確かに序盤まんま同じでえーってなってたけど遥かにこっちのがエッジきいてるし変なエネルギーがうねってるし良いリドリースコットって感じ。 ローマに戻って闘技場で戦ってるあたりえらい感情移入してしまった。観客に。 演出がちょいちょいださかった。けどそんなのどうでもいい出来。
ローマ帝国という存在について考える。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

グラディエーターを観たいと思ったみんな最新10件(118)

10/06:riorashka
07/01:chocolatte
06/03:Manponpin
05/03:Chiron
04/30:はるやま
03/17:黄泉
11/13:はせこー
10/31:AR
10/10:イオラ

グラディエーターを観た人はこんな映画も観ています


グラディエーターの評価:36% レビュー数:206
ログイン 新規登録