スパイ・ゲーム [DVD]

スパイ・ゲームの感想・レビュー・登録(464)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
(TV録画) ネタバレ: あれ?ブラッド・ピットと一緒に刑務所に乗り込んだ仲間は救ってもらえなかったってこと?
退官日に荷物の整理をしていたベテランCIA工作員ミュアーの下に、愛弟子のビショップが中国で逮捕され拷問を受けている電話が入る。CIA上層部が彼を見殺しにするつもりだと知ったミュアーは、上層部を騙しながら救出作戦を決行する…という話。CIA本部にいながら、上層部を手玉にとりつつ海外のビショップを休出してしまうミュアー。有能過ぎるでしょ。2人の関係性を知る過去パートと、どうやってビショップを救出するかという現代パートが交互に進み、飽きさせません。不動産偽装やディナーなど、脚本が素晴らしいですね。85点。
スパイ、師弟、伏線モノと私が好きな要素が盛り沢山なので楽しめたのですが、久々に見返したら、師匠この後どうするんですか?とか色々頭に浮かんできてしまいました。でも細けぇことはいいのです。かっこい男の引き際でした。
ミッションをこなすカッコいいスパイものでは無かったね。ちょっと長く感じてしまったなあ。師匠のさりげない行動はカッコいいね。若くて突っ走る弟子役のB.ピットも良かった。
★★★★ ロバートレッドフォードが歳を重ねてもクールでよかった。場面の切り替えが多くて1回観ただけではストーリーがわかりにくいかも。自分がいつか仕事をリタイヤするなら、この映画のようにしたいものだ。
個人的にはレッドフォードとブラピってイメージがよく似てると思ってるしどちらも好きなので、同じ画面の中で観られるのが嬉しい映画。一度は決別した愛弟子をなんとか助け出そうと常に一歩先をよんで立ち回り、老後の蓄えまで投げ打つミュアーがカッコいい。救出後に作戦名を聞いて誰が助けてくれたのかを悟ったビショップの表情がとてもよかった。
優秀なスパイとそのお師匠さんのはなし。と思いたいところなんだけど…どうみてもブラピ優秀じゃないし、師匠は師匠で自分の見込んだ子をダメな子だと思いたくないしかわいいから助けちゃう、みたいな(笑) そしてラストで弟子の方が師匠に対してごめんありがとうみたいな感じになってるけど、いや元凶そいつやで?と。全体的に雰囲気は面白いけど、色々と腑に落ちない映画でした(笑) ★★★☆☆
素直になれない新旧のCIA男ふたりの、すごーくお金のかかる仲直り。レッドフォードはブラピが大好きで守りたくて、ブラピはそれに気づけず反抗期まっしぐらでだってレッドフォード信じたかったし、みたいな。文字にするとくだらないけど映画はおもしろかった。レッドフォードのまっっっっすぐな歯並びとか。
ブラピがカッコいい。それ以上に言うべきことあるか?
★【5/10】ドジっ子スパイ・ブラピの尻拭いを、お師匠はんのロバート・レッドフォードがする映画。私情に流され、単独行動に走り、大事な連絡を怠って人を無駄死にさせ、すぐ女にほだされるスパイ。それがブラピ。劇中任務失敗率70%。それがブラピ。だけどレッドフォード師匠は言う。「有能なスパイだった」。ど・こ・が?こんなもんオール巨人が師匠ならブラピ、パンパンにされてるぞ。まぁ中国で拘束後、パンパンにされてたけど。でも、師匠に助けてもらって「あんがとね〜師匠〜」ってブラピ泣いてた。諸悪の根源が師匠だとも知らずに。
ロバートレッドホードのほうれい線とナローポルシェ912
派手な映画と思い借りたけど中身は腹の内を探りあう映画。例えが思いつかないけどカンニングにバレそうな気分に似たハラハラさがあった。
★★★☆☆3.5 ロバート・レッドフォードとブラッド・ピットの二大俳優の共演作。落ち着いた往年のスター俳優と、まだヤンチャさが残ってるような若手のブラピというCIAの師弟関係の二人。よくある、コンビで事件解決!みたいな感じではない作りは面白い。大人っぽい落ち着いたスパイもの。
これも何度目か?ブラピをはじめて観た時は、レッドフォードそっくりと思ったこの映画の師弟愛もカッコイイ  スパイゲーム好きです。
CIAの元敏腕工作官最後の1日。もはや重要な情報も教えてもらえない孤立無援の中、中国で捕らえられた愛弟子救出のため密かに作戦を練る。その過程でミュアーとビショップの出会いや過去の作戦が明らかになっていくという構成な訳だけど、過去のことが多いとどうしても緊迫感が薄れるので、もう少しリアルタイムを織り交ぜてもよかったんじゃないかと思う。とはいえ、かつての大物工作官が独自に情報を得、本部工作官を手玉に取って作戦を遂行し颯爽とポルシェで去る姿は壮快。
約2時間の映画ですが一気に物語へ引き込まれてしまいました。ネイサン(ロバート・レッドフォード)の動向がよめず、最後までハラハラしっぱなしでした。「CIAモノ」といえば「007」や「ミッションインポッシブル」などの作品から派手なアクションを想像しがちですが、この作品には良い意味で裏切られました。ネイサンの愛弟子を演じるビショップ(ブラット・ピット)との深い師弟愛が、冷酷なCIA組織の中で巧みに描かれています。アクションに頼らない分心理戦やドラマ要素が強いので、そういうスパイ映画がお好きな方にはおススメです。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

スパイ・ゲームを観たいと思ったみんな最新10件(43)

09/11:Minnie
08/17:KIM
02/05:popopo
09/13:coelacanth40
03/29:†JANUS†
01/09:Saori
12/01:AR
12/01:kappa2338

スパイ・ゲームを観た人はこんな映画も観ています


スパイ・ゲームの評価:32% レビュー数:75
ログイン 新規登録