耳をすませば [DVD]

耳をすませば [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
出演者
本名陽子
高橋一生
露口茂
小林桂樹
高山みなみ
上映時間
111分
amazon.co.jp で詳細を見る

耳をすませばの感想・レビュー・登録(4714)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
学生の時はよく観ていたが大人になってからじっくり観るのは久しぶり。 その内完全に消えてしまうであろう貸出しカードという響きが少しくすぐったい。 しかし、改めて観ると背景の描き込みが細かくてすごいなあ。 西老人の原石のエピソードと雫のお父さんの「人と違う生き方はそれなりにしんどいぞ」という言葉が身に沁みるのは私が既に人生を変えることのできない年齢に至ってしまったからか。
Fal
建物や電車のディテールが自分が小さかった頃のものなので、なんだか懐かしい。なんてことない道の舗装や車庫の屋根のデザインなどに「これ知ってる!」という思いになり、小さい頃の方が目に見えるいろんなものをよく観察していたのかもなと思った。『バケモノの子』で図書館が出てくるのは、この映画の影響かもしれない。
ちょっと綺麗すぎるなあ。けど、懐かしさもある。
青春だね。爽やか。でも主人公たちはまだ中学生。これから挫折や別れとかあるだろうけど、ジブリ映画にはそういうのは似合わないか。
今更ながら初鑑賞。バイオリンつくりを目指す少年と、誌に興味がある少女の話。少女の父親役(立花隆)の棒読みさで興ざめ。
TV放映(録画2017/1/27)にて
自分にはなにができるのか不安になってしまう気持ちがすごく共感できた、そこを聖司に甘えずに自分で考えて行動して成長した雫がとても格好いい。
通して観たのは実は初めてかと。甘酸っぱいねえ~。 しかし天沢、積極的だなあ。 近藤監督作品をもっと観てみたかったなあと思わずにいられない。
何度観てもステキ。コンクリートロードもいいかもね。★★★★
初めて観ました。いい映画だった。聖司が中卒でクレモナに修行に行く、というところにはまりました。地球屋で始まるセッションもよかった。 知り合いが「エンドロールを見逃すな」というので最後の最後まで堪能しました。
金曜ロードショー版。コレ冬じゃなくて夏じゃないかな?この懐かしい感じが良い。「カントリーロード」を聴くとしみじみしちゃいます。皆、若くて青春してますね。
奇跡ボイス(笑)
金曜ロードショーにて鑑賞。受験に、夢に、恋に、と、本当に時間が足りないほどいろいろなことに取り巻かれる、中学三年生達だからこそのストーリーだと思う。夢に向かって、恋に向かって、どこか危なっかしく思えるほど突っ走れるのは、中学生という青春真っ盛りの大人とも子供ともつかない時期特有の強さであり、はかなさがあるからだと思った。20歳を超えてしまうと、もうこんな行動には走れない気がするし、それは大人の弱さであり強さかもしれない。
映画サイトMERY(メリー)さんによるGWが舞台の映画5本のうち1本。恐らく進路の決まらないモラトリアム期間を長い休みと喩えてと無限に開いていた可能性が一つずつ閉じていくところがゴールデンウィークと同じだと言うことだと思うんですけど、これをGWというには些か強引すぎる。ごめんなさい嘘を吐きました。MERYは映画サイトではなく自分の価値を安売りするような何も考えないから恋以外何もできない軽いヤリマン相手のサイトでした。あとGWが舞台ではなく「ゴールデンウィーク中に彼と見たい映画5選」という単なる前戯のオカズ
なんだろ、この感動は。ボロボロ涙が出てくる。 この映画そのものが魔法というか、青春時代にいざなってくれる。 確かにあったあの頃。美しい昭和。アトリエがいい。お父さんも好きです。 人と違う生き方は大変だぞ。何かあれば責任をとらなきゃいけない、に泣けました。自分にも身に覚えがあるので。 お前を背負って坂道登るって決めたんだ! 心イケメン。 宮崎駿は、魔術師だ。
このDVDを持って見比べながら実際に聖蹟桜ヶ丘の街を歩いてみたんですが、この雫という中3女子、相当にお馬鹿です。おそらく10:40には図書館に着き、そこから猫をおよそ20分追い回し、丘の上にある地球屋で40分ほど時計や鉱物を眺め、弁当を忘れ、踊りながら曲がり道に飛び出し、弁当と嫌味を届けてもらいプンプンする。まあ、そんな自分よりバカな雫が可愛いから聖司も好きになったんでしょうね。あの怒り方はQちゃんなら丼飯6杯はいってます。あ、あと、雫さん、結婚おめでとう。末永くお幸せに!
この天沢って男はむっちゃいやらしい男やねん。 好きな女の子の印象に残ろうと図書カードに名前残してんねん。 しかもつけ回して本を置き忘れたらそいつ読んで嫌味言うとんねん。ストーカーやこいつ。 月島家なんか団地住まいでむっちゃ雑然としとんねん。かわいそうや。 バイオリンで歌うシーンとか進路のことで焦るシーンとか最高だったんで近藤監督にはもっと作ってほしかったですね。 あと坂道は自転車を押して登った方が楽で速かったのではなかろうかと思われます。
金曜ロードショー>今まで何回かTV放映されてたのにしっかりと観てこなかったジブリ作品。以前、途切れ々に見た事あるかも。主人公の少女,雫と聖司の甘酸っぱい初恋話♪この一昔前の時代背景がとてもリアルに描かれてますね(^^)。横浜?のような坂道が多い街並みや団地内の食卓風景等。日本の一般家庭の雰囲気がとても親近感が湧く♪思春期の十代の頃って…「若さ」って…いいわぁ♪♪懐かしい。。雫のキャラ、明るくて真直ぐなんだけど忘れ物はするわ、行動がガサツで大雑把なのがイヤだわ汗。あの娘の机上ったら…ない。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

耳をすませばを観たいと思ったみんな最新10件(99)

12/04:KG
10/16:ろく
07/18:kero9
05/23:m_masa
02/24:まみ

耳をすませばを観た人はこんな映画も観ています


耳をすませばの評価:28% レビュー数:656
ログイン 新規登録