平成狸合戦ぽんぽこ [DVD]

平成狸合戦ぽんぽこ [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
高畑勲
出演者
上々颱風
野々村真
柳家小さん
桂米朝
福澤朗
上映時間
119分
amazon.co.jp で詳細を見る

平成狸合戦ぽんぽこの感想・レビュー・登録(2536)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
狸たちの健気さにホロリとさせられます。ニュータウン開発に立ち向かう狸たち。意外とコメディタッチですけど、環境破壊など考えさせられました。都市に狸が出るようになったのは人間の責任が大きいと改めて思います。狸たちの最後の大仕事は、もうこの土地には住めないという気持ちの現れだったのかもしれません。狸たちの生きる道の決断とか切なかったです。陽気な雰囲気もあるけれど、実は狸にとっての悲しみを描いているのだと感じました。心に沁み入る作品です。今の生活は沢山の犠牲を払って手に入れたものなんですね。
マクドナルド食べたりどんちゃん騒ぎしたり、結構コメディチックなタッチでも描かれてるけれど、人間から見た狸の描き方もあって、見せ方が面白いなと感じました。 狸の誇りを持って最後までニュータウン開発を進める人間たちと戦う姿が一生懸命で泣けました。狸を擬人化しているけれど、狸の気持ちに寄り添って見られるし、また変化狸たちを見ていて人間ってそうやなーって思う部分もありました。
[邦アニメ]TV放映:何度も観てる好きな映画。妖怪好きだし、お囃子と七五調の語りは心地良いし、噺家さんがたくさん出演されているのもいい。日本古来からの妖怪や怪異、芸術作品、小説、故事ことわざ、慣用句 等がふんだんに盛り込まれていて、ストーリー以外のところでも楽しい。(隠れジブリキャラも笑) 絵柄とか音楽とか陽気な雰囲気だけどとても悲しい話なんだよなあ。毎回泣く。
オンエアしていたものを見ました。この時代のジブリらしさ満点の作品だなぁと思いました。環境破壊が根底にあって、強いメッセージを感じます。自然破壊が進んでいくところの表現がとても好きです。虫食い葉になっていくところ。あと、たぬきの描き方にも工夫があって見ていて飽きません。四足歩行になったときのたぬき、かっこいいですね〜。
TVにて。切ないんだけど何度も観たくなる作品。狸たちが陽気だからかな。妖怪大作戦の最中にあんなにジブリのキャラが隠れているとは思わなかった。最後の大仕事のシーンがやっぱり一番好きです。
日本昔話を見るかのような情緒溢れる舞台設定に和む。秋の野山が美しく、昔よく歌った狸の歌が懐かしい。戦国の武士のような勇ましい狸もいれば、おばはん狸に長老狸、まるで人間社会を彷彿させる個性ある狸社会であるが、狸は生来のんきとされており、皆どことなく抜けていて、愛嬌があり、憎めない。何と言っても愉快な狸たちであり、少年達が喜びそうな生き残りをかけた策謀と、そこはかとない作風のセンスに笑い、子供心をくすぐられた。進むにつれてシビアな展開。最後にかけての時代の流れに抗えない展開を思えば、やはり無情を禁じ得ない。
高度成長期の多摩を舞台に、住みかの森を守るために化け学を武器に人間と戦う狸の戦いを、ユーモラスに描いています。落語家・古今亭志ん朝のナレーションがおとぎ話や落語のテイストを加え、化け学の練習や人間研究に熱中するあまり人間の食べ物や文化に狸が憧れを抱いたり、ラストの人間と狸の戦いも百鬼夜行の化かし合いも面白いです。
TVにて。久しぶり見た!狸たちの変化が楽しくて。ちょっとしたやり取りが面白い。でも、結構考えさせられる物語だなと改めて実感した。最後のシーンは胸が切なくなるほどに。
落語やん!志ん朝師匠のナレーションが一番楽しい
子供のときにみてからずっと心に残っている映画。 いつみても泣いてしまう。 いつみても深く考えてしまう。 エンディングテーマ曲が頭の中でリフレインする。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

平成狸合戦ぽんぽこを観たいと思ったみんな最新10件(35)

07/10:Mrs.Holmes
10/16:ろく
10/04:テレピン
10/02:Znvn3j
03/01:m_masa
01/19:chocolatte
11/12:たけみつ
09/24:あーさん
10/27:おつゆ

平成狸合戦ぽんぽこを観た人はこんな映画も観ています


平成狸合戦ぽんぽこの評価:25% レビュー数:314
ログイン 新規登録