時計じかけのオレンジ [DVD]

時計じかけのオレンジの感想・レビュー・登録(3020)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
数年ぶりに再鑑賞。未来過ぎずでもあきらかに現代では無い世界観の演出やセッティングがうまいしオシャレ。今見ても全く古さを感じず公開が70年代という事が信じられない。人間が根本的に暴力的な生き物であると暴力の連鎖によって思わされたし、それは暴力的人格の矯正作業すら暴力的だったことにも見られる。殴られたらもう一方の頬を差し出す事はとても困難であり、殴られたら殴り返すそのミニマルさと軽快さ。最後の完全に治ったというのは治療による抑圧的な拘束から人間本来の暴力性を取り戻したという事だろうか。
ひたすらカッコイイ。主人公の動き、表情、ヤバイね。言葉遣いが独特で個性的だ。昔観ていた父に特に観なくてもいいと言われ、噂でもわけがわからないという様に聴いていたから、つまらない映画なのかと思っていたが全然よかった。面白かった。裸体が美しい。衣装もかわいい、看護士の服かわいかった。色彩が鮮やかで、赤とか綺麗だ。絵づらがほんとカッコいいね、画面が綺麗だ。いやー、良かったわ。主人公の演技が最高だ、マジで。第九も最高だが、エンドロールで雨に唄えばが流れた所が痛快だった。
光るところはあるが、まとまりがない。倫理とは何かってのを考えた結果がこれか。前半のくだらない暴力シーン長すぎ。ラストは何人も殺しておいて報いを受けていない主人公も、頭のなかに地獄を植え付けることによって更生しようとする政府も否定しているのはいいんだけど、じゃあ結論としてはどうしたらいいの、っていうのが無いと話は終わらない。そういえば独自言語を使っていますが、特に面白くはなかったし、無くてもいいんじゃないかな、どっちでもいいけど。
面白かったけど、作った人の頭が心配だ。 左右対称の変な画面はインパクト大だった。 暴力だらけで怖そうだからって食わず嫌いしてたけど、見てよかった。
味方が、理解者がいない。実行するから隙を作ってしまう。誰だって加虐欲はあるでしょ。人の悲劇への同情心を見ないふりするなんて簡単。私目上の人に反抗とかどうしてもしちゃう。バレバレの弱さを隠して強がる。そういうガキは大人に嫌われるね。隙あらば懲らしめられる。弱いから反抗しちゃう。でも子供は弱いもんだ。弱いのは悪いこと?ジョー嫌い。悪が自分に向くのは自分が悪だからだね。でもどうしたらいいんだろうね。性格は変わるか?皆これどう見てるんだろ。私はつらい。本当の弱い自分でいたら排斥されると突きつけられる。
久々に鑑賞。面白かった。もはや私にはコメディ映画です。歌って笑ってセリフ真似してアレックス坊やにばかだねこの子はーと母性本能感じる映画です。反抗した仲間を制裁した後の酒場シーンと、久々に実家に戻るシーンが大好きです。しかし瞬きできないのは辛すぎて見てるこちらが辛くなります。
そもそも善悪とは、というところで、今の道徳や倫理を絶対的なものとして振る舞う人間たちには50000回くらい見てほしい。キューブリックらしいメタファーと、おしゃれ感がたまらない。
プライムビデオにて。 久々。
3度目ぐらいの鑑賞。
しまったこれはオシャレ過ぎて私には理解出来ない映画だぞ!?と思ったけど全然そんなことなかった、そして面白かった。言葉遣いと髪型と服装がおかしいのは近未来だからだったのか、と後から解説を見て理解したw彼は犯罪に繋がる感情を抱くと吐き気をもよおすようになっただけで、決して罪悪感を学んだわけではないんだよな。
釈放後の人々がアレックスに私刑を加える、その露骨な悪意が恐ろしかった。普段フィクションの復讐劇をみてスカッとしているのも考え物かもしれない。 暴力とレイプに不気味な音楽。なかなか現実味のない、異世界のお話のように見ていた。嫌いではない。はじめのうちは造語についていくのにくたびれる。
13
良くも悪くも全体的に最低だなぁって印象でした。人にはオススメはできないけど、個人的にはアリな映画です。
ドラッグと暴力とセックスのオンパレードと、原色で強烈な印象を残す映像が鮮烈な作品。この胸クソ悪くなる感じ、映像文学ってやつだなぁ。なんともアンバランスで不安定で、近代美術のような独特な世界観がすごい。自由な社会と管理された社会のどちらが良いかという疑問に対する答えは簡単に出るものではなく、それこそこの映画のように不安定で揺らいだものなんだろうなと思う。
怖ろしいけれどたしかに主人公アレックスに見入ってしまう。自ら選択することがテーマとなっているらしいけれど、最後の主人公の笑みにはいろんな解釈ができそうだと思う。どちらかといえばバッドエンドなのかなと感じた。序盤にでてくるミルクバーの趣味悪い感じがとても好き。早送りになる部分のユーモアが笑えた。造語もおもしろい。
アレックスは糞野郎だけど魅力的 最後の心理テストのシーンが好き いつのまにか暴力やセックスに抵抗無くなってる感じが不気味 ミルクバー行ってみたいな~
★☆☆☆☆/造語(字幕で下線付きの部分)を解釈するのがはじめの方は難しくて、字幕ばかりに気が行ってしまって疲れた。字幕のフォントも読みづらいし...有名な映画らしいから期待してたけど、微妙だった。ただ、ちょこちょこ映るインテリア(ポスターとかオブジェ)は素敵だなと思った。主演のマルコム・マクドウェルさんを検索してみたら、もう白髪のおじいちゃんになっててずいぶん前の映画なんだってことを実感した。この時代にもつけまつげってあったんだね
昔からタイトルをよく目にしていて、やっと観た。思っていたより面白かった。内容的には重たいかもしれないが、対比的にインテリアがポップで好き。
ノーサー言うとこと目薬差されてるとこ笑った
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

時計じかけのオレンジを観たいと思ったみんな最新10件(587)

02/06:マスト
01/15:tap
12/31:aki
11/02:
10/25:茶柱
10/12:まめ
09/20:むらみ
09/12:かえで
06/03:すなお
05/28:はのい

時計じかけのオレンジを観た人はこんな映画も観ています

アメリ [DVD]
アメリ [DVD]

4849登録

時計じかけのオレンジの評価:39% レビュー数:586
ログイン 新規登録