スペースカウボーイ 特別編 [DVD]

スペースカウボーイ 特別編の感想・レビュー・登録(515)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
Amazonプライムビデオで鑑賞。24TwentyFourゆかりの方が出演。ジェームズヘラー大統領( ウィリアム・ディヴェイン )、ジャックバウワーの父悪党フィリップバウワー(ジェームズ・クロムウェル)、そしてジャックのリアル父 ドナルドサザーランドが出演。本作の撮影はSeason1の少し前くらいか。「あんたの息子が制作主演するTVドラマに出るんだよ。」と二人がDサザーランドに話していたかも。 「アポロ13」という鉄板の実話があるので、それを上回るフィクションは生まれ得ませんが、楽しめるストーリーです。
前半の出来はいい。後半はちょっと興ざめ。
ちょっとした嫌われ者役を演じさせたら天下一品のジェームズ・クロムウェルから目が離せない。主人公側のジジィ全員にロマンスがあってよかった。
テレビ放送で鑑賞。ジジイたちがカッコいい。若者たちに高齢者向け飲み物を差し入れされ、お返しにベビーフードを差し入れし、衝突しながらもお互いの良いところを認め合って良いチームになるかと思いきや肝心なときに若者たちは総崩れでジジイたち だけで頑張るのだった。宇宙に対する情熱よりも何よりも冒頭で奥さんとイチャイチャするイーストウッドに驚いた。トミー・リー・ジョーンズもしっかり恋愛してたし、人はいくつになっても情熱とスケベ心を失ってはならんのですね。
いくつになっても情熱は持ち続けたいと思ってしまったね。
米も高齢化が進んでいるのか、この手の映画ーーすなわち爺いが活躍する映画が最近多いような気がする。▼調べてみたら、高齢化率は14%を超えたところだから、高齢社会にはなっているものの、26%の日本のような超高齢社会には程遠い。▼それはともかく、爺いが活躍するのは良いが、体力でも若者に負けない、女にもモテまくるみたいなのは、リアリティがない。もっと違う活躍の仕方を描いて欲しいところだ。クリント・イーストウッド監督ならできると思ったのだが…。▼そんなことを考えるのは、自分が爺いになってきたからかな。
(2000/アメリカ)修理しに40年越しの宇宙 そして月へ
キレもコクもある。
最初から最後までかっこよすぎる!
★★★★☆4,5オジサマ4人の宇宙飛行士がメチャクチャかっこいい!それぞれが個性的でお茶目で青年の心のままで熱いのだ。同世代もこれからその年に向かって行く全ての世代も、こんな風に年を重ねて夢を実現させたいと思わせる、これこそ映画の醍醐味。途中のエピソードや喧嘩も全てが生きて来る、壮大で見事なラストシーンでした。ジェームズ・ガーナーは亡くなったけど、残る3人はまだまだ活躍してもらいたいな。素晴らしい作品。
面白いなぁ… タイトルから勝手に色物と思ってたけど ちゃんとしたジャンル映画(宇宙物、英雄物)の脚本を、ちゃんとジャンル映画として撮ったものやったわ そこに「米国の保守派の老人」という主題を徹底的にぶち当てることでできあがってる いかしてる イーストウッド安定の演出(2000年作品、もうすでに巨匠)、ジャック・N・グリーンのまともに見えて少しズレてるカメラ… ちゃんと映画してるなぁ
ゲロが出てくる映画は名作!クリント・イーストウッドのゲロ映画率は高いぞ!トミーリージョーンズがまた若えんだ。ふっくらしてるから。いま鶏ガラっぽいものな。
勝手にイーストウッド率いるオッサン(というかお爺さん)軍団がエイリアンと戦う話かと思ってたら、割と現実よりの宇宙もの。絵面は相変わらずいつも布陣でガッツリ作ってるから豪華。もっとキッチュな作品かなあと思ったら、さすがに00年代でイーストウッドも「巨匠」の仲間入りを果たした後の作品なので金も掛かってるのが分かる。正直イーストウッドとT・L・ジョーンズの二人で最高!と言いたいところだけど、幾ら何でも話が荒唐無稽過ぎるだろ…。現実よりの話にしてしまってるから、余計ストーリーの雑さが気になった。
AY
おじさん軍団に活力を貰えた。何と言っても、チンパンジーに宇宙飛行士の座を奪われる面白さ。
おじさんたちがまだまだ若いもんには負けんぞい、っていう映画。だから若者の扱いが若干酷い。潔くばっさり切り捨てている。こんな映画を撮った人が、後にグラン・トリノみたいなあとは若いもんに任せるわいっていう映画を作るんだから、分からんものだ。で、イーストウッド爺は役者はほぼ引退したけど今も現役で監督なんだもんなあ、すげえ。
少年のような4人の名優がたまらない。中高年のドリーム物語!
チンパンジーに宇宙飛行士の座を奪われた日から40年越しのリベンジ。身体は衰えても心はあの日のままのじいさん達による正に「ライプスタッフ」。クリント•イーストウッドはやっぱりカッコイイ。こんな爺になりたい。
じじいの生き様に感服。単純な動機に熱く動く端的な映画で清々しいくらい。
【吹替】アルマゲドンをジジイでやろう。というのはわかった。ただ誤解を怖れずに言えば、ぶっちゃけ宇宙いっちゃったら後は年齢的に帰ってこないでもいい人たち(なので行きたい動機の方が帰りたい動機より圧倒的に強そうにしか見えない)が自己犠牲だなんのと言われても。狙いどころがよくわからんが正直いろいろ失敗している。B級ジジイ映画としてならそこそこ楽しめる。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

スペースカウボーイ 特別編を観たいと思ったみんな最新10件(54)

05/25:m_masa
11/13:たに
01/23:あさと
01/18:あおぞら
01/17:西人
10/09:すのう
09/29:興津
08/13:電気羊

スペースカウボーイ 特別編を観た人はこんな映画も観ています


スペースカウボーイ 特別編の評価:45% レビュー数:117
ログイン 新規登録