ヴァージン・スーサイズ [DVD]

ヴァージン・スーサイズの感想・レビュー・登録(1148)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
可愛い…なにもかも
難しすぎる。いまいちピンとこない。一人スーパー綺麗な人がいたけど、明るい笑顔が映画になじんでないシーンが一番印象的だった。
時代や国は違えども金髪少女の群れに『ピクニックアットハンギングロック』を想定してしまったので当て外れ。『蛇トンボ』を借りてはいるものの、内容はソフィアの憧れが詰め込まれたいつもの。いかしたクラスリーダー率いるトップチームとそれに憧れるダサコが見える。これを育ち上がるとこまで見せられるようになるには親父が死ななければいけないのかな?
夢想と現実生活とのあわいを裸足で歩くような、少女期の危うさがあって、それが最も重度だった末娘から、姉妹たち、両親へと感染していったような。姉妹たちが美しく、音楽も好きだった。電話でレコードをかけ合うとか、ロマンチックに思う。そういう感覚とかも。
意外に安っぽい演出だった。 男の子達が頑張ってるのに結局なんの役にも立てないのが虚しい。
ジェフリー・ユージェニデス原作「ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹」の映画化。監督はソフィア・コッポラ。ハートの「クレイジー・オン・ユー」「マジックマン」、ELOの「スティン・マジック」など70年代の音楽がいっぱい使われている。思春期の女の子、人生のつらさも知らないでなぜ自殺を! 原作に忠実に描いているのがいい。
光! キルスティン・ダンスト! ガスマスク・パーティ!
男性が見るべき映画。女の子の葛藤についてあえて描かれていないような気がするのは、そういうことだからだと思う
Obviously, Doctor, you've never been a 13-year-old girl. が全てすぎて、初めてのソフィアコッポラでしたが天才の映画を観てしまったと思いました。凄い。24年組の香。
tzr
登場する男の子たちの描かれ方が如何にも「思考回路が乙女な女性の考える思春期少年像」って感じで、お洒落ながらも適度に気持ち悪い。部屋着とドレスかわいい。
電話でレコードをかけあうシーンが好き。ジョシュのロン毛がおかしい。
京都シネマにて鑑賞。
雰囲気映画だった。
無性にまた観たくなり再観。繊細かつ危うさを秘めた思春期の少女達の揺れ動く心情を、ソフィア・コッポラが瑞々しいタッチで描いた実話を元にしたドラマ。原作は「ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹」謎めいた13歳から17歳までの5人姉妹が中心の話だが、あくまでも彼女達に憧れる男子達の目線で描かれている。少女たちの自殺が一つの主題にはなっているが、原因が何かとか関係なく少女達を傍観する空気感を一緒に感じる映画。彼女達が成長して自分の親と同年代になっても あの夏の事件は忘れ去ることは出来ないだろう。自分もそうありたい。
ソフィアコッポラ監督初見。もっとキュートでキッチュな話かと思ったら、原作があったのね。こうゆう雰囲気嫌いじゃないです。
思春期の喪失に焦点を当てた作品だと感じた。 終盤にかけて、The SmithsのStill Illの歌詞が頭の中でリフレインしてしまった。 自分を鑑みるに、大人からの抑圧だったり失恋だったり、思春期の思い出は喪失感とともにあるけれど、同じくらい得たものはあったということは後から振り返らないとなかなか気が付けないものだと思う。
01
今にも消えそうな少女5人のような色彩の映画。
nnm
主人公が男子たちだったとは。 あと環境汚染的なメッセージが。 結局、住民みんなちょっとずつおかしかったって事でいいのかな?
いやーよく分かんなかった笑。女の子じゃないと分かんないだろ、この映画は。ただ彼女たちが現実から逃れるために出した答えがあまりに悲しすぎる。
『スパイダーマン』のときに美人という設定のキルステン・ダンストにものすごく違和感を感じたのだが、一〇代の頃からそんなに可愛くないのな。輪郭がトミーズの雅じゃないですか! それにしてもキルステン・ダンストォ!ってジョジョのスタンドみたいだ。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ヴァージン・スーサイズを観たいと思ったみんな最新10件(349)

08/26:
07/23:ゆみ
05/02:はなげ
04/26:きぼんぬ
03/09:nonoco
11/20:a1

ヴァージン・スーサイズを観た人はこんな映画も観ています

アメリ [DVD]
アメリ [DVD]

4865登録

ヴァージン・スーサイズの評価:40% レビュー数:230
ログイン 新規登録