PiCNiC [DVD]

PiCNiC [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
岩井俊二
出演者
Chara
橋爪こういち
浅野忠信
六平直政
伊藤かずえ
上映時間
68分
amazon.co.jp で詳細を見る

PiCNiCの感想・レビュー・登録(538)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
みんな若い。 嫌いじゃないけど、周りの評価ほどピンとこなかった。 映像は綺麗。
前半はCharaの喋り方が受け付けなかったのもあり微妙かなと思いましたが、段々馴染みましたし、終盤の画面と音楽の美しさに持っていかれました。話云々というよりは、その一瞬、刹那の煌きを鑑賞する映画だと思う。
詩的ではある。世界の終わりだと思ってする抱擁は気持ちいいだろうな。詩集を映像にしたらこんな感じ。
精神病院に連れられてきたCharaが浅野忠信と出会い壁を歩いてどこまで行けるか話。今観ると演技的には至らない部分も多いかなーと思うものの、世代を問わずある年代の空気感を的確に捉えられているのかなーと。監督はきっと村上春樹が好きだと思う。(私も好きw)
美しい映像も多いが気味の悪い映像も多かった。サトルの最後にはどう意味があったのだろうか?
「地球最後のキスよ」
ココは幸せだったのね。2人のための映画という感じで、サトルがなんとも…
岩井監督の映像作家としてのエポックメイキングを象徴する作品と言える。みずみずしく、繊細な世界観。どこか懐かしい廃墟感。寓話的物語世界。虐げられた片隅の人々。後の作品に通じるモチーフがこの作品には散見できる。浅野忠信のナイーブさを巧く引き出した名作だ。
若き浅野さんとCharaの2人 たまらなくいいよね。この2人だからさらにこの世界観が幻想的に感じる。お似合いだったのに、てね。岩井俊二監督の作品はどこか 人の奥底の本能的なところを皮肉って突つかれるかのような感覚。裏の裏の裏が美しい表のような映像がまらない。ラストかなしくもやはり美しい。
ちょっと趣味が悪い。ピアノがかかったときのいいシーン感が押しつけがましい。
リリィ・シュシュはこれの精神病院を思春期の中学生に置き換えたようなものか.'90~'00年代のセカイ系っぽい臭いも感じる.塀の上からは外れない暗黙ルールのピクニックと、世界の終わりを見に行くというのが結びつく感じが.キリストモチーフ、レンズフレア、色彩
これで2人が結婚したってこととその2人が離婚してるってことと、橋爪さんが亡くなっているってことと、全部やりきれない気持ち
久々の岩井俊二作品。世界観が秀逸。退廃的でファンタジーな精神病院がうまく描かれている。 Charaと浅野忠信がホント最高。彼らの為の作品といっても過言ではないと思う。
夢の中のような、なんだか不思議な映画だった そして岩井俊二らしさ全開の映画だった Charaの存在感も凄かった
Charaさんが、すき。キスシーンが、素敵。
音楽といい映像といいとっても岩井俊二らしさにあふれた作品。まさしくピクニックでした。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

PiCNiCを観たいと思ったみんな最新10件(130)

08/18:kouyan
05/22:パピポ
05/18:避暑
03/01:kmkc
10/12:ninjin
08/13:.
08/05:めたん

PiCNiCを観た人はこんな映画も観ています

アメリ [DVD]
アメリ [DVD]

4826登録

PiCNiCの評価:38% レビュー数:102
ログイン 新規登録