人間の証明 [DVD]

人間の証明 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
佐藤純弥
出演者
岡田茉莉子
松田優作
ジョージ・ケネディ
ジョー山中
三船敏郎
上映時間
133分
amazon.co.jp で詳細を見る

人間の証明の感想・レビュー・登録(219)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
古き昭和の作品ですが、松田優作が良かったですね!!
ミステリ的にはどうなんだろう・・穴だらけのような気がしないでもないし松本清張のバッタモンみたいな印象なんだけど、源ちゃんが一瞬だけ出てて驚いた。だってこの人『男はつらいよ』シリーズでしか見たことないんだもの。
何かそんな大した映画じゃなかったな。原作はどうあれ映画作ってる人間の傲慢さがすごい。意味のないシーンばかりで尺が長くても、とってつけたような強引なシナリオでも、普通そんなこと言わないだろっていう台詞でも、周りが全員薄着なのに一人だけコート着てても、最後に意味不明のスピーチしても、全部許されると思ってるんだもんなぁ。今だったらこんなだだ滑り許されないでしょ。推理なんか遺留品からいきなり結論を導き出す都合良さは料理番組かと思ったよ。ここに30分煮込んだものがあります的な。早すぎだろもうちょっと煮詰めろよ。
エレベーターの中で刺殺されて発見されたジョニーヘイワードが刺された公園からホテルまで何故無理して歩いて行ったか、ジョニーが言い残した「ストウハ」「キスミー」とジョニーの刺殺事件の裏で起こった轢き逃げ事件に隠された謎解き、進駐軍に父を殺され白人を憎む熱い正義漢棟居刑事を演じる松田勇作の演技、事件の真相に隠された切ない母の愛と戦後の女性が舐めた辛酸、父を殺したシュフタン刑事と憎悪を押し殺しながら捜査する棟居刑事のギクシャクした相棒ぶり、ミステリーを越えた傑作映画です。
あるジャンルにおさまらない多様な見方ができ深い。 名作といわれる所以がわかった。
重厚な雰囲気のおかげか、母子の情を押し出す演出にはそこまで嫌みを感じなかった。有名な作品を今さらながらきちんと観られて満足。
角川春樹氏は大映で流行った「御涙頂戴の母もの」の焼き直しだと言う批判を受け「それを狙ったんだ」と語った。終戦後の混乱期に起きた悲劇でもある。霧が降り積もった霧積高原。回転しながら何処までも何処までも落ちていく麦わら帽子。松田優作のアメリカでの行動は法律的にどうかと思う面が多々ある。ジョージ・ケネディの英語がとても礼儀正しいのに松田優作は英語でもドスをきかせすぎ。公開当時は宣伝方法が色々批判されたがメディアミックスは今や当たり前。30年以上時間が経つと泣ける映画としてまずまずの出来であることは素直に認めたい
原作既読。映画も昔見た事あり。郡恭平が轢き逃げ現場に落とした時計が強烈に印象に残っており、それをもう一度見たいがためだけに視聴した。時計店主の話ではヨーロッパに行った際4つだけ仕入れてきたものだそうだ。精密なオルゴール付き懐中時計が動くシーンは一瞬しか映らず、これに魅せられた自分のマニアックぶりを再認識。Reugeの懐中時計らしいが、是非実物を拝んでみたい。ストーリーは人間関係が偶然に依存しすぎているが面白かった。蠍のタトゥーの男は原作では死ななかったと思うが記憶が曖昧。この結末だけは映画の方が良かった。
なんでこんな映画が名作扱いされてるの?資金沢山の贅沢映画なだけ。岩城こういちの棒読みに失笑。鈴木ひろみつとかシェリーとか、記憶の遠いところに追いやられてた人、今はもう亡き俳優に会えて懐かしかった。
松田優作の個性で攻めてくる映画と思ったがそれほどでもなく、ある意味拍子抜けではあった。関係ないけど麦わら帽子の詩?藤子不二雄がドラえもんでネタに使ってたな。妙に聞き覚えがあると思った。
WOWOWで。因縁が絡みあう悲しいお話。最近の刑事物はパッパと進むしやたら複雑だから、この作品の捜査の進み方がすごく丁寧に思えた。授賞式での独白は大事なシーンなんだろうけど、あそこで拍手はないだろ……。興醒めするところもあったけど松田優作カッコ良かったんで、それでいいです。
激動の時代を生きた人間が複雑に絡み合う悲しみのスクランブル。親子の絆を地位と名誉のために消し去る展開が「砂の器」に似通っているが、偶然の重なりが多過ぎてご都合主義な感じは否めない。そんなストーリーでも、当時の貫禄ある俳優陣に救われ見劣りしない作品にはなっていると思う。夜明けと共に雲の間を滑り落ちる麦わら帽子。それを鋭い眼光でみつめる松田優作の凛凛しい表情が素晴らしい。ジョー・山中が歌う主題歌、二度三度と観る内に自然と涙が溢れてきます。
う~ん。納得できない行動が多すぎる。殺人の動機が薄すぎる。警察は犯人逃すし、その上自殺までされてる。授賞式で人殺したことを告白してるのに、会場はしら~っと普通で、そのあと、喝采を送ってた。ギャグ映画か?
面白かった。 観ず嫌いはよくないな、と改めて感じました。
「かあさん、僕のあの麦わら帽子…」と流れるCMが印象に残っていた。ファッションショーのシーンがやたら長く感じた以外は、面白く観た。松田優作演じる刑事が、進駐軍のアメリカ兵に父を殺された過去を持つ…という設定にハッとした。作中の人物が「あの頃はみんな生きるのに必死だったから…」といたましいものを見る面持ちで語るシーンが何度も出て来る。「戦後」の空気がまだまだ濃い。「秋刀魚の味」でトリスバーの客が「負けてよかった」と語り合う空気とまた違う。「秋刀魚…」の方は戦争から帰還した人達のその後の話、
初めて観ました。野性の証明とよく間違えてました(あちらも未観)。こんな話だったのかー。岩城滉一も松田優作も若い。片方の息子を捨てたい気持ちも理由も分かるけど、片方をあんなオトコに育てちゃった母親は....松田優作の出自の絡みがイマイチわかりませんでした。流し見でした。自死を止めないのはいいのか?警察。
色々なエピソードが偶然重なり過ぎな気もしましたが、俳優陣の力強さのお陰で大変面白く見る事が出来ました(但し、岩城滉一は除く)。ジョー山中のテーマ曲が流れるラストシーンも良かったです。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

人間の証明を観たいと思ったみんな最新10件(20)

10/18:即身仏
07/25:鳥越
03/16:okyada
12/29:moja
10/05:kbtysk
07/17:ウサキ
05/29:煎餅
01/11:もっぴー
12/07:yuji

人間の証明を観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5696登録

人間の証明の評価:56% レビュー数:61
ログイン 新規登録