バイバイ・リバティー・危機一発! ― ルパン三世 TVスペシャル第1弾 [DVD]

バイバイ・リバティー・危機一発! ― ルパン三世 TVスペシャル第1弾 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
出演者
山田康雄
上映時間
97分
amazon.co.jp で詳細を見る

バイバイ・リバティー・危機一発! ― ルパン三世 TVスペシャル第1弾の感想・レビュー・登録(154)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
TVKでやってた!何年ぶりに観たんだろ、、、。業界入って改めてみると色々粗が見えちゃうけど。やっぱそんなの関係なしにルパン三世かっこいいよなぁ、、、皆の声がオリジナルだし。イザベルの艶っぽさが良い。
チバテレビの放送にて鑑賞。記念すべきテレビスペシャル第1作目ということで、もう20年以上前の、つまりは私よりも年上の作品。イザベルの色仕掛けに、わかったうえで引っかかったふりをしたり、引っかかってあげるルパンと違って、心底罠にかかっている五右エ門に、今のテレビスペシャルの五右エ門に通じるものを見た。「ソ連」という言葉、古めかしい「スーパーコンピューター」の描写、「フロッピーディスク」の存在、「コンピューターウィルス」を知らないルパンと次元など、制作された時代を感じさせる作品だった。
チバテレビの放送にて鑑賞。記念すべきテレビスペシャル第1作目ということで、もう20年以上前の、つまりは私よりも年上の作品。イザベルの色仕掛けに、わかったうえで引っかかったふりをしたり、引っかかってあげるルパンと違って、心底罠にかかっている五右エ門に、今のテレビスペシャルの五右エ門に通じるものを見た。「ソ連」という言葉、古めかしい「スーパーコンピューター」の描写、「フロッピーディスク」の存在、「コンピューターウィルス」を知らないルパンと次元など、制作された時代を感じさせる作品だった。
死期を悟りつつあったNo.1がNo.2操ってデーターいじり放題のウイルス作って現代を支配する科学的社会を操ろうとしたのか。賢く美しいだけではのし上がれないが、ウイルスのために特別にNo.2にしたという評価のイザベルごときのお色気なんて愚策に乗ってやってあっさり殺されていたのも計算のうちだろう。最後はルパンがまぐれで一瞬ウイルスもどきを再現して地震が起きたが・・・白い蒲公英の花言葉は「神託」「思わせぶり」「別離」 バイバイ!リバティー!
久々に見た。コンピューターがだいぶ古いな~とか思っていたら「ソ連」って言葉が出てきたりして。1989年ですか。まだ山田康雄をはじめオリジナルの声優さんたちの声がかれたりしてなくて良かった。内容的にも五衛門の恋とか不二子の行動とからしい感じが面白い。また古い作品を見てみようかな。
★【6/10】89年放送。もうちょい踏ん張れよ、No.1。おまえ、超能力つかえるんちゃうんかい。女の裸の前では男なんて無力ってメッセージなんでしょうか。そんでもって、この作品の見所を。ルパンの軽口。もうね尋常じゃないくらい軽いwでも、それがすこぶる面白い。こういう発見もあったりするから、もう少し昔のルパン作品を追っかけてみまっす。
ルパン三世の引退説が流れている状況から始まる。そして待望の『職場復帰』。 自由の女神像に隠されている世界最高のダイヤモンド・スーパーエッグと、世界中のコンピュータにハッキングしデータ書き換え自由な新種のコンピュータウイルスを巡り、秘密結社スリーメイスン、ミステリアスな美女イザベル、コンピュータ少年マイケルが絡んでの大事件。ハードボイルドでスタイリッシュなルパンたちの活躍をド派手なアクションやスーパーエッグを使ってのネットシステム支配を絡めて描くテレビスペシャルの基本を作った傑作エピソード。
優れたセリフでとても非常にテンポの良く進んでいく。バカバカしさと感動をきちんと両立させた作品
25年前のルパンザサ~ド♪最後らへんソ連が出てるのが時代を感じさせる。当時は、パソコン、ましてやインターネットに縁のある人はいまよりも遥かに少なく、全世界のシステムを支配、なんて聞くと『やっべwww何かすげー』となったんじゃないか、と妄想。別の作品だが、燃えつきていくマモーの「ふ、じ、こ」を、子どもは知らなかった。だんだん、ルパンは忘れられていくのかな、と少し寂しい。
コンピュータの演出が微笑ましい。自由の女神を隠せるのは普通に考えてそこしかないだろう!もっとよく探せよ(笑)ウィルス発動?の条件のところを少しぼーっとしていて見そびれた。
ひたすらごえもんが可愛かったなあ。修行しても美人に弱いのは治らない気がする。ストーリーはややごちゃごちゃしているが、センス良い演出がたくさん。通過する電車が水面に映って、そこへ落ちてゆく敵とか。フジコちゃんがお高くとまってるだけの美人じゃなくて、獲物を狙うハンターっぽさ(獣っぽさ)があるのも好き。目がキラッと鋭くてかわいい。ルパンと子どもの絡みが好きだからコンピューター少年が出てくるシーンはどこも好きだな。
ルパンの借金は、3億ドル!そのために、現役復帰する!物語はそこから始まる!テレビしりいずから現役引退してたのね。次元が「やった、やった〜!」と大ハシャギを二回もしてるw
随分と久しぶりの鑑賞だったが、何度観ても素晴らしい。ハードボイルドで、それでいてユーモアもあって、更にちょっと怪しげな要素も含まれるという。完璧とはいわないにしても、個人的には「この塩梅がルパンだ!」と思っている。異論はあるだろうが。それにしても、粋な言い回しが多いこと多いこと! 「今度ニューヨークの地下に出来た新しいディズニーランドよ」「お父さん、ちょっと働き過ぎなんでねえの?」…この台詞だけで満足できる。
幼心に「ママのキスが欲しくないのボウヤ」のアダルトなシーンが焼き付いてます。やー、コンピュータをあんなでかいパネルで身体性ゆたかに操作する絵面にはひしひしと時代を感じる。例えばサマーウォーズでは、よろしくお願いしまーす!!の一言でEnterポチッと、なだった訳で。
スリーメイソンにはちょっと笑った。ルパンの引退宣言や自由の女神など、序盤とタイトルに「自由」が散りばめられているのでテーマは自由なのかと思ったけれど、後半に行くにつれて「親子」の色が濃くなってくる。悪玉が基地を爆破して絶命っていうラストシーンを観るとなんだか懐かしくて安心する。
久しぶりに観たけど、最近のより味があっていいな。ストーリー自体はそんなに面白いとは思わないけど。
出崎監督にしては抑えめな演出がルパンの色とマッチしている。軽快な絵のタッチもキャラクターにさらに好感をもたせ、なんだかみんな普段よりお茶目でキュートに見える。物語にはそれほど際立ったものはないけれど、ラストシーン、消去されていくルパンのニヒルな笑みにシビれた。良作。
五ェ門さん!!!
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

バイバイ・リバティー・危機一発! ― ルパン三世 TVスペシャル第1弾を観たいと思ったみんな最新10件(9)

10/19:kbtysk
10/12:ZEP
08/26:yuki
07/06:のり鈴
11/08:まーも
08/31:菅家
02/21:夏未
08/26:DSK

バイバイ・リバティー・危機一発! ― ルパン三世 TVスペシャル第1弾を観た人はこんな映画も観ています


バイバイ・リバティー・危機一発! ― ルパン三世 TVスペシャル第1弾の評価:38% レビュー数:29
ログイン 新規登録