少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録【劇場版】 [DVD]

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録【劇場版】 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
幾原邦彦
出演者
川上とも子
渕崎ゆり子
上映時間
90分
amazon.co.jp で詳細を見る

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録の感想・レビュー・登録(295)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
梢ちゃん可愛い~ ミッキーをきっと睨み付けて「意気地なし」とか「嘘」とか言うのがほんとに可愛い~
誰かを救って身代わりに死んだとか、自己犠牲愛の象徴が王子様なのかな…オスカー・ワイルドの「幸福な王子」を連想した。 ピンドラも銀河鉄道の夜のオマージュだし、幾原邦彦は自己犠牲が好きなんだなきっと…
抜群の美的センスで、目が離せない。テーマはテレビシリーズから鳳暁生編をメインに抽出したものだけど、キャラの容姿や一部の設定が変わっている。「告白昇降室」が切なくて斬新で忘れられない。なんでもありの自由なアニメ。お城カーが現れた時の既視感、浦安の高速道路そのものだったんですね。
樹璃先輩と枝織ちゃんの関係が何度みてもやるせなくて切ない
テンポが良くて何度も見返すうちに本編アニメよりも好きになっていってしまっています。王子様になりたかったお姫様。
星座の映る薔薇園のダンスシーンが本当に美しい。映画館で見てみたくなります。
トウガと別れるシーンと、あと中盤のダンスシーンの挿入歌流れるとこ、やっぱりよい。J.A.シーザー師の曲ももちろん素晴らしいですね。かしらかしらご存じかしら~?
傑作だ。同じトラウマを持つ二人の少女が、自らの檻を破壊する=世界を革命する、という、みごとな青春映画。車のシーンは『ホーリー・モーターズ』を思い出すが、それよりも早い。レスビアンはここにおいてモチーフではあるが、テーマではない。
テレビ版と世界を大きく変えつつも、テレビ版の一歩上を進んだとなんとなく理解。流石に一回見ただけじゃ表面上しかめを通せん。動画の動きも崩れることなく丁寧で映像的にも質が高いのは確か。
初見から15年経っていたとは TV版から続いているという解釈を知って観返してみましたがこの解釈に涙が… ウテナが車になったあたりからエンディグあたりまでまったく記憶になかったのはぶっ飛びすぎてたからでしょうかw
「アニメファンなら観ておきたい作品50」「外国人記者が選ぶ日本のテレビアニメ」と最近見た記事で度々目にした事から、TV版そしてこの劇場版を続けて鑑賞しました。 色々と突飛な表現を用いるこの監督ですが、表現の形は何だっていいんだって事ですよね。「あなたを救うことが、僕を救う。そしてそれは世界を救うこと。」エヴァで一時代を築いたこのジャンルの、ひとつの完成形ですね。面白かったです。 ところでこの作品、TV版とは独立した作品とのことですが、正直TV版あっての劇場版だと思います。興味のある方はぜひTV版から。
何回観ても痺れるぜ… 自分の人生を変えたアニメだと確かに言い切ることができる唯一無二の映画
ウテナのラストとしても、単品の作品としても偉大で、芸術の域に達した数少ないアニメ。背景、キャラクターデザイン、音楽、ストーリーが奏でる異常で、奇奇怪怪で、生々しい、王子様とお姫様の恋ではなく、二人の人間の愛というテーマの交響曲。数多くの監督の中で、脳味噌の中身がどうなってんのかわからんまさに鬼才幾原監督妙技が冴え渡る。
非常に面白かったです。TVシリーズを観ておらず、単品でもいけるとの事で視聴。地に足がついていない奇抜な校舎や主人公が車にトランスフォームするなど噂以上の描写でしたが、テーマは素直に楽しめるものとなっており、素晴らしい作品でした。緩やかな夢の世界よりも混沌である外の世界への選択シーンは熱く、また最後の障害として出てくる夢の城の土台が装甲車の車体のような現実的な姿で、夢を望むものを煌びやかな夢の足元にあるグロテスクなタイヤで蹂躙する姿は、現実の比喩として秀逸だと思います。ビジュアルは言わずもがな素晴らしい。
後輩宅にて。まずショート+詰襟のウテナがいい。あと「世界/セカイ」の区別で「閉じている」という感覚がこれほど違うか、と。まどマギよりは「トップをねらえ!2」との比較の方が面白いか。
テレビ→映画でしたが、なんというセンスに仕上がっているんだとある意味感動を覚えたあっという間に終わってしまった映画でした。笑。七海もう少し出して欲しかったー。とにかく、ハイセンスで斜め上を行くストーリーに感服でした。
あの王子様(笑)な暁生にミッチーか。マッチしてるのが切ない。それにしても、TV版のときから気になってた視点ではあったんだけど、暁生=男性への見方の厳しさが一層あらわになってたように思う。アンシーが魔力で暁生を王子様にしてたけど、暁生に心を寄せだしたら、魔力が解けてハエに戻っちゃったって…。それ、好きな女を落とすまでは男は頑張るけど、目的を達成して安住したらハエ同然って言ってるようにしか聞こえないwそれ以外では、ウテナカー以降がちょっと退屈だった部分はTV版に劣るかな。でもダンスシーンは抜群に良かった
転機になればと思い鑑賞 何回見ても凄いな 自分はこういう台詞を書きたかったことに気付いた 見る度に勇気と気高さを思い出せる作品
あいかわらず意味分からん!!!! しかし組み込まれた社会からの別視点から差別や偏見に反論するメタファだと思えば奥深いなと思いました 私の浅い脳みそで思い浮かんだ暗喩で女性差別、身分制そのたもろもろにエンゲージという名の資格を持ち正当に戦った上で異見するのはたしかに革命だなと。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録を観たいと思ったみんな最新10件(14)

08/28:磁石
11/24:nana
08/15:ダリア
07/16:Yk
02/08:やまこ
01/27:モトカワ
01/04:やまだ。
07/24:けいゆ

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録を観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5614登録

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録の評価:55% レビュー数:81
ログイン 新規登録