パッチギ ! スタンダード・エディション [DVD] - とく たまさんの感想

[02/12] とく たま
井筒監督はこの作品を得てとても幸運だった。実力と熱意を持った若手と経験豊富なうまい役者が揃い、心をつかむに秀でた作詞家の小説がうまい具合にマッチした。そして映画に関係なく民族の描き方で批評される作品だ。そういった事由を排除して観れば、創作としての民族の苦渋と救いと再生が感動的に描かれた良作だと思う。井筒はエキストラの扱いがひどい。∴死人も出した。個人的には作品も含め嫌いだ。ただこの一作品だけは良し。基本乱暴なアホさに気づいてないが、運と度胸が良いのだろううと思う。 ★​★​★​★​★​★​
パッチギ ! スタンダード・エディション [DVD]

コメントを書く




「パッチギ ! スタンダード・エディション [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録