ル・ディヴォース/パリに恋して [DVD] - トマシーナさんの感想

[01/28] トマシーナ
パリが舞台になっているからか、雰囲気だけはおしゃれ。M・モディンの役どころがいまいち。もっと、泥沼化するかと思った離婚劇が、あっさり片付くわ、ラ・トゥール作と鑑定された絵も結構な金額で売れてしまうわ。終わりよければ全てよし?愛人になった女には必ずエルメスのバッグを贈るという、エドガーの習慣から、イザベルが彼の愛人になったことがみんなにバレバレなのが可笑しい。
ル・ディヴォース/パリに恋して [DVD]

コメントを書く




「ル・ディヴォース/パリに恋して [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録