本能寺ホテル DVDスタンダード・エディション - しゅんすけさんの感想

[01/29] しゅんすけ
時を超え、時代が変われど変わらぬ人の想いに触れる。結果、それが成されるのであれば、自分の命を捧げることに躊躇はない。過程のひとつとして、「変」を受け入れる。異変なのだが、変わらぬ想いでもある。「何ができるか」という思考の範囲を超え、「何をやりたいか」に辿り着く。 ★​
本能寺ホテル DVDスタンダード・エディション

ナイスした鑑賞家さん

コメントを書く




「本能寺ホテル DVDスタンダード・エディション」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録