トランス・ワールド [DVD] - 金衣公子卿さんの感想

[10/13] 金衣公子卿
自宅にて鑑賞。劇場未公開作で原題"Enter Nowhere"。もしもやたらればを前面に押し出した物語だが、中盤辺りでネタに気付いてしまった。細かい矛盾や綻びが散見出来るが、最小規模の舞台設定に少ない登場人物で飽きさせず見させるのは出色の出来栄えと云えよう。ただどうしても見劣りしてしまうのはご愛敬。クライマックスでのカメラのブレ方は尋常でないレベルで気になった。亦、何度か意味有り気に登場するK.ウォーターストンの“サマンサ(サム)”が見付けた飛行機の玩具は伏線でも何でも無かったのも微妙。60/100点。
トランス・ワールド [DVD]

コメント(全2件)

[01/03 03:18] 金衣公子卿
少ないシーン乍ら、K.ウォーターストン演じる“サマンサ(サム)”とS.サイポスの“ハンス”が使うドイツ語の発音に違和感を憶えた。
[01/03 03:18] 金衣公子卿
“トム”のS.イーストウッドはC.イーストウッド(父)、“サマンサ(サム)”のK.ウォーターストンはS.ウォーターストン(父)とE.ウォーターストン(母)、“ジョディ”のS.パクストンはB.パクストン(父)と二世俳優が集結した形となっている。

コメントを書く




「トランス・ワールド [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録