アデル、ブルーは熱い色 [DVD] - 社会的廃棄物さんの感想

[12/10] 社会的廃棄物
ごく普通の女子高生(言い方に語弊があるが)のアデルは男と付き合ったり、女といい雰囲気になったりするが、街中ですれ違った青い髪の年上の女性が忘れられない。やがてアデルは青い髪の女性エマと惹かれあい、恋の炎が燃え上がるのだが……。愛に性別は関係ない。社会がたとえ何を言おうとも、そこに炎は燃えるのだ。しかし、愛は同時に様々な制約も受ける。家族、立場、そう言ったものと愛のどちらかを選ばなければならない時、その悲劇は必然なのだろうか。ラストシーン、青いドレスの女性(アデル)が歩き去るシーンは実に象徴的かつ印象的。
アデル、ブルーは熱い色 [DVD]

コメントを書く




「アデル、ブルーは熱い色 [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録