スノーデン [DVD] - ころっぷさんの感想

[08/28] ころっぷ
かつての鼻息の荒らさが鳴りを潜め、あくまでも人物に迫る物語としてバランスを取ったかに見えるオリバー・ストーン監督。しかしつい最近の出来事だし、まだ事の顛末は継続・深化している最中の映画化に否が応にも興奮させられる。超監視社会の是非や今日のテロの状況を鑑みれば、賛否様々な意見があるだろうが、あくまでも映画としての価値は充分過ぎる程の出来映えだった。主演のジョゼフ・ゴードン=レヴェットの抑えた演技も引き込むし、サスペンスとしてのハラハラ感も半端無い。彼の勇気ある暴露が、後の歴史に評価されることを願うばかり。 ★​
スノーデン [DVD]

ナイスした鑑賞家さん

コメントを書く




「スノーデン [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録