ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [Blu-ray] - Yusuke Shinozakiさんの感想

[08/19] Yusuke Shinozaki
ミュージカル映画なんだけど、ストーリーラインが新しいジャンルの映画を観たって感覚。音楽や色彩も凄くステキ。同監督の前作「セッション」も音のコダワリが凄かった。また、両作品に共通して、得ることと、手放すことの両面性が心の奥深くをえぐってくる。 ★​
ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [Blu-ray]

ナイスした鑑賞家さん

コメントを書く




「ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [Blu-ray]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録