女優霊 [DVD] - 十一さんの感想

[05/30] 十一
映画とはフィルムに焼きついた人間の残像であり、かつてあった人間の残滓を現世に止めたものが、視るものの解釈によって物語を得て眼窩に像を結び、世界に蘇るものであってみれば、それこそ幽霊そのものの定義となる。生者でも死者でもなく、映画の嘘そのものから生まれた怪物があったとすれば、それこそ怪物の中の怪物、想像力によってのみ顕在した最強不滅のモンスターであり、それが撮影所という神話を生み出す祭事の場において、荒ぶる神として君臨することへの畏敬と崇拝を、ただの恐怖映画以上の映画の映画として感じられる。 ★​★​
女優霊 [DVD]

コメントを書く




「女優霊 [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録