百円の恋 [DVD] - とく たまさんの感想

[05/14] とく たま
アラサーのプー処女!が、兄弟げんかをきっかけに外の世界へ飛び出しボクシングと出会う。基本スター俳優は出ない。なんとなくサクラはコアなスターと言えばいえるが、微妙。他、ホームレス役の根岸はフィルム時代から撮影所でよく見かけた。明るくステキナ女性だった。作品評価は良い。実はロケーションが極めてよくできているのだ。画が悲しみや優しみ渇望、希望、郷愁を表現している。実にうまい!プロヂューサーか撮影スタッフか編集の仕事かな?!前半と後半の監督の力の入れようが違い過ぎたのは謎だ。新井浩文が役作りに失敗している。これは ★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​
百円の恋 [DVD]

コメント(全1件)

[05/14 16:07] とく たま
これは監督の責任で、新井の力不足。端的にキャスティングミス。もっと良い作品に仕上がる!おしい。

コメントを書く




「百円の恋 [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録