銀河鉄道の夜 [DVD] - florineさんの感想

[05/10] florine
1985年作らしいが、絵がひたすら美しい。人の生き死にや自分という現象を、美しい銀河へと旅立つ鉄道に表現した宮沢賢治の才気に改めて感動。学校の先生やカムパネルラの父親がジョバンニや子供達をさん付けで呼んだり、クラスメイトのいじめがあったり先生が人格者だったり、この世界がしっかりしているイメージに安心できる。映画ではジョバンニ達は猫だが、銀河鉄道に乗ってきた家庭教師と姉弟は人間になっている。一番好きなプリオシン海岸のイメージはちょっと違った。ジョバンニの仕事が文選工なのは当時の出版事情を伺わせる。
銀河鉄道の夜 [DVD]

コメントを書く




「銀河鉄道の夜 [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録