屍者の帝国 [DVD] - フカミさんの感想

[05/04] フカミ
【ネタバレあり?】プロジェクトイトウと言うことで、虐殺器官の続編、もしくは地続きの世界観と勘違いしていた。全然違う話だったんですね。フランケンシュタインの怪物、ゾンビ、オートマタ・・・19世紀・・・、書き手としては一度はやってみたい題材の情報満載の物語。メアリー・シェリーは全ての怪物たち(人に似せて作られた者たち)の母親になったんだなと再確認した。  モラル、量産性(品質のバランスのとれた製品の大量生産)等々から、オートマタの方が分があると思うが、その辺のエクスキューズがほしかったかな?
屍者の帝国 [DVD]

コメントを書く




「屍者の帝国 [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録