I am Sam : アイ・アム・サム [DVD] - 聖月さんの感想

[04/16] 聖月
ミシェル・ファイファー、初めて魅力的だと感じた役どころでした。はずみで、娘を育てることになった障害を持ったサム。周囲は無理だと親権の裁判に。その弁護士役の彼女は、無情に見えて愛を模索しているのでした。子役の活きる映画ながら、ビートルズへのオマージュが、映画を店舗よく運んでいきます。なぜ、ビートルズなのか。それは、施設の人達に最も好まれている音楽だからです。メロディもいい。歌詞は、わかりやすく繰り返し。色んな愛に溢れた映画。ショーンペンが好きなじゃなかったけど、やはりいい映画はいい映画なのでした。 ★​
I am Sam : アイ・アム・サム [DVD]

ナイスした鑑賞家さん

コメントを書く




「I am Sam : アイ・アム・サム [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録