キャロル [DVD] - redorbitさんの感想

[03/19] redorbit
75点 パトリシア・ハイスミスの原作「The Price of Salt」1950年代のニューヨークを舞台に女性同士の愛の物語を描いている。全編意外とライトなクラシカル世界をダークで冷ややかな色調で表現した映像が渋くて美しい。ルーニー・マーラが可愛く物悲しく奇妙な魅力があって素敵だった。二人の心理は理解し難いが煙草を吸うシーンが緊張を緩和させたり高めたりしているようにも感じた。観終わって直ぐにもう一度観てみたい気もした。 ★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​
キャロル [DVD]

コメントを書く




「キャロル [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録