リアリティ・バイツ [DVD] - 聖月さんの感想

[02/11] 聖月
昔の作りの映画。エンタメよりナイーブさが売り。感じて派。出演しているイーサンホークの別作品ビフォーサンライズのような。ベンスティラーの初監督作品ということで、感性でどうよみたいな肩の凝る作品。ただ、マイシャローナが流れたり、ピーターフランプトンときたら懐かしいけどね。原題は現実が噛み付く、社会の厳しさ。主人公の、ボタン掛け違いウィノナライダーあほ女の漂流生活。煙草のシーンと、この頃のキーワードエイズが時代を感じさせるなあ。スティーブザーンのデビュー作のようで、まだ青い青い。今更観る必要より、資料性が高い。 ★​★​
リアリティ・バイツ [DVD]

ナイスした鑑賞家さん

コメントを書く




「リアリティ・バイツ [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録