ドゥ・ザ・ライト・シング [DVD] - 聖月さんの感想

[07/17] 聖月
黒人の街の象徴的な人々と日常、そして些細なことからの暴動。なんて書くと、暗い映画に思われがちだが、映像は美しく、音楽は軽快で、セリフもリズミカル。ただ、全体の教養を低く描いているので、そんな毎日が楽しいのか、日本人にはわかりにくい世界。スパイクリーが作り、スパイクリーが怠惰を演じ、スパイクリーが暴動を作る。日本人には、なぜ暴動が起こるのか、わかりにく世界。本当に、些細な日常が暴動の引き金をひくわけで、ひいたかどうかわからないような中で起こってしまう。見ていると、段々街並みもわかってくるような、黒人の街。 ★​
ドゥ・ザ・ライト・シング [DVD]

ナイスした鑑賞家さん

コメントを書く




「ドゥ・ザ・ライト・シング [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録