ユージュアル・サスペクツ [DVD] - 聖月さんの感想

[07/02] 聖月
観てる間は、そう面白くも感じないんだけど、終わってみると感心する。犯罪を積み重ねていく5人。その背後に、カイザーソゼという男の名が忍び寄る。まあ、最後は、そのソゼとは誰だの話に収束していくんだけどさ、自分の場合、あの女弁護士が怪しいと思っていたのさ(笑)最後の最後、ほとんど全否定。ラストシーンで小林が登場するんだけど、小林が小林だったのかもわからないし、小林が張った伏線があったのかも、終わってみればわからない。パラドックスな映画である。もしくは、パラレル。あの、刑事が最後に気付いた場面。あれで、天地逆転。 ★​★​★​★​
ユージュアル・サスペクツ [DVD]

ナイスした鑑賞家さん

コメントを書く




「ユージュアル・サスペクツ [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録