さらば冬のかもめ [DVD] - 酩酊石打刑さんの感想

[07/01] 酩酊石打刑
ジャック・ニコルソンの下士官が、護送されている情けない若者の兵士へかけている温情の正体が何だか謎だ。しかしながら、そのあたりの心情のありようが、あの時代の雰囲気をうまく伝えている。とりあえず反権力、反秩序的ではあるのだが、あくまでも気分の問題でしかない。将来的な方針や具体的な解決策を考えているわけではない。海軍の上層部に対する反抗心は溢れんばかりにあるのだが、強圧的に出られると、背を向けると舌を出しながら従ってしまう。この情けなさがステキだ。それに法華経のお題目が不気味だった。 ★​★​
さらば冬のかもめ [DVD]

ナイスした鑑賞家さん

コメントを書く




「さらば冬のかもめ [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録