僕だけがいない街 - _Stroszekさんの感想

[06/27] _Stroszek
2016年。原作は三部けいが2012年から2016年『ヤングエース』に連載した同名漫画。伏線の張り方が弱いためか、10以上年が離れていると思われる愛梨が売れない漫画家の悟に惹かれる理由がよく分からない(青年漫画特有の都合のいい願望に思われてしまうし、有村架純は『アイアムアヒーロー』に続きそういう役柄に使われがちである)。悟がどのような漫画を描いていたのかあまりそれまでの物語に出てこなかったのに、結末近くモンタージュ風に唐突に挿入されるのは、演出としていかがなものか。虐待の問題を正面切って描いたのは偉い。 ★​★​
僕だけがいない街

ナイスした鑑賞家さん

コメントを書く




「僕だけがいない街」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録