きみがぼくを見つけた日 [DVD] - 聖月さんの感想

[06/05] 聖月
原作タイムトラベラーズワイフを読んだのは2005年。それが原作とは知らずに観始めて、タイトルで知ることに。本を読んだときは、その原題を取り違え、奥様は時間旅行者な話かと思ったら、時間旅行者の妻な話であった。タイムトラベルもの。最初は意味が汲みとれず、途中で矛盾を感じ、でも素敵な話だったらそれでいいのだ。この映画のいいところは、多分原作にはなかった、女の子が主人公カップルを見てときめくシーン。最初は意味がわからないが、わかれば、あらら(^.^)移動した自分が死ぬのか、帰ってきた自分が死ぬのか、興味と矛盾。 ★​
きみがぼくを見つけた日 [DVD]

ナイスした鑑賞家さん

コメントを書く




「きみがぼくを見つけた日 [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録