チャップリンからの贈りもの [DVD] - 音-雅羅沙@Fate/GOさんの感想

[05/25] 音-雅羅沙@Fate/GO
「彼らはすでに不幸という罰を背負っている。」っていう弁護士の言葉がすごく印象的だった。 「私は悲劇を愛する。悲劇の底にはなにかしら美しいものがあるからこそ、愛するのだ。」とチャップリンの言葉のようにエディとオスマンの根底にも美しいものがあった。 エディはただ友人の為にという思いやりから、オスマンは妻や娘の為にという家族愛から。 形は歪んでいたかもしれないが、それは確かに美しいものです。 とても面白く良い映画だと思いました。 ★​★​
チャップリンからの贈りもの [DVD]

ナイスした鑑賞家さん

コメントを書く




「チャップリンからの贈りもの [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録