母よ、 - きょんさんの感想

[04/03] きょん
マルゲリータ(マルゲリータ・ブイ)は恋人とも娘とも仕事でもうまくいかずイライラしていた。そんな中、愛する母、アーダ(ジュリア・ラッツァリーニ)は入院を余儀なくされていた。ナンニ・モレッティ監督。 マルゲリータにイマイチ感情移入できなかったためか、あまり物語に入り込むことができなかった。マルゲリータの兄、ジョヴァンニ(ナンニ・モレッティ)は素敵な息子&兄すぎたけれど。コメントにつづく。 ★​★​
母よ、

ナイスした鑑賞家さん

コメント(全1件)

[04/08 22:02] きょん
映画監督であるマルゲリータの作品に呼んだバリー(ジョン・タートゥーロ)のツンデレハリウッド俳優っぷりはおもしろかった( ´ ▽ ` )いつもピリピリしているマルゲリータは見るに耐えなかったけれど。 ラストはマルゲリータがどんなに取り乱すのかと思っていたが、そんなことはなくとても自然に出来事を受け入れていて、さらに孫の号泣には心打たれた。★★★☆☆新宿シネマカリテにて

コメントを書く




「母よ、」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録