博士と彼女のセオリー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] - 電算担当者さんの感想

[03/12] 電算担当者
前半出てくる人達が皆んな良い人。ジェーンの回顧録が基になっているだけに、良い思い出の記録的意味合いが強いのかもしれない。途中事実としての色々な出来事が描かれているが、それすらラストシーンの家族が全てという結末にとって必要な事として描かれている。或る意味ファンタジーとも言える作品。主役の二人が時系列できちんと老けていって見えるのはさすが。エディレッドメインはホーキング博士になりきっていたのはすごいが、モノマネと演技の違いって何だろう?と思った。 ★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​★​
博士と彼女のセオリー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

コメントを書く




「博士と彼女のセオリー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録