ブリッジ・オブ・スパイ - kamonpoiさんの感想

[01/31] kamonpoi
コーエン兄弟脚本、スピルバーグ監督という組み合わせだけでグッとくる。前半はトム・ハンクス演じる弁護士ジムがソ連のスパイを弁護するという負け戦に挑む法廷劇、後半はソ連と東ドイツでそれぞれ拘束されたアメリカ人を、ジムが弁護したスパイ1人と交換するアクロバティックな交渉ドラマ。派手なシーンこそないものの、難局続きの緊迫な展開で140分を見せ切る。ソ連のスパイを演じたマーク・ライランスが素晴らしい!コーエン兄弟らしいユーモア(常に鼻をかむ)、ディテール(帽子)も違和感なく溶け込んでる。最後はウルっときたなあ。 ★​★​★​★​★​★​★​★​★​
ブリッジ・オブ・スパイ

コメントを書く




「ブリッジ・オブ・スパイ」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録