チャッピー - えふのらんさんの感想

[06/11] えふのらん
15年のA.I。ヨハネスブルグのギャングに育てられたロボットが自我の有り様に悩む。南米の清々しいまでの荒廃した世界観、そこで生き残りをかけて強盗を働くカップルが、チャッピーに人殺しを永眠と言い換えて殺人を促したり、自画を転送する等々、白人世界の三原則や知能獲得といったアシモフ的な論理をあざ笑うかのような話のつくりが見事。ハンスジマーのラップ風シンセも第三世界的な映像にフィットしている。CNNや監視カメラのフレームを用いた状況説明も控えめだがアクセントになっていて良かった。 ★​★​★​
チャッピー

ナイスした鑑賞家さん

コメントを書く




「チャッピー」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録