倫敦(ロンドン)から来た男 [DVD] - ペルメタルパワ・ベラーミク(放置)さんの感想

[05/25] ペルメタルパワ・ベラーミク(放置)
タル・ベーラ的小市民の犯罪。この監督、「ニーチェの馬」を見た限りでは恐ろしいほど峻厳な反復と時間演出の作家という印象を持ったが、この作品も基本的には同様…約2時間20分で体感時間1日分の疲労を味わうことに。好みとは言えんが、冒頭の謎めいた一部始終や娘の働く店の通りを行くくだり、終盤の倫敦男との対峙と、ベーラのモノマニアック冥利に尽きるシーンをいくつか観れた点では損はしてない、損はしてないぞ。なお(恐らく原作の持ち味と思しき)微細な心理描写については口数の少なさゆえ煙に巻かれた感も少しある。原作が読みたい。 ★​
倫敦(ロンドン)から来た男 [DVD]

ナイスした鑑賞家さん

コメントを書く




「倫敦(ロンドン)から来た男 [DVD]」のみんなの感想へ
ログイン 新規登録